<ヨコハマタイヤ PRGRレディス 2日目◇10日◇土佐カントリークラブ(6,228ヤード・パー72)>
開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」では「ショットがあまり良くなくて自分のプレーに持っていけなかった」と予選落ちを喫した木戸愛。二戦目「PRGRレディス」では初日に12位タイにつけると二日目に爆発。6バーディを奪う猛チャージで、トータル3アンダー・6位タイ。首位とは4打差と優勝圏内につけた。
【関連写真】ツアー屈指の美脚の持ち主はドレス姿でも!木戸愛フォトギャラリー
先週とは別人のように一変したが、特に何かを変えたわけではないという。「とにかく練習をしました。PWと7番でスイングを整えたら、アイアンショットのタイミングが良くなりました」。その7番アイアンは今年から使うミズノのもの。「ミズノのクラブはすごくいい。毎日良さを感じている(笑)。すごくゴルフが楽しいです」。二戦目でなじんできたこともこの順位の理由の一つだろう。
明日は3月11日、東日本大震災から7年の時が経つ。東北高校出身の木戸にとって忘れられない日だ。「東北のみなさんにいいニュースを届けられるように頑張りたい」。そのための準備は整った。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

「PRGRレディス」二日目の結果!
熱戦の模様を400枚を超える写真で振り返る!リアルタイムフォト
木戸愛の謎?アン・シネと同組時にスカートをはかない理由を聞いてみた
女子ツアー会場にも衝撃 森田理香子「鳥肌がたった」、木戸愛「言葉が出ない」
木戸愛、今季はミズノのクラブを使用!「打感、フィーリングがいい」