<ヨコハマタイヤ PRGRレディス 2日目◇10日◇土佐カントリークラブ(6,228ヤード・パー72)>
ラウンド終了後、「よかったー!」と笑顔をはじけさせたイ・ボミ(韓国)。初日は5オーバー・67位タイと苦戦を強いられたが、この日は5バーディ・2ボギーの3アンダーフィニッシュ。納得の内容でラウンドを終えた。
【写真】ボミの笑顔満載のフォトギャラリーはこちら!
インスタートの10番から連続バーディを奪取。その後二つボギーをたたいて折り返したが、後半3番で7メートルのバーディパットを沈め、「これが入ったから、うまくいくかなと思った」と流れを取り戻した。5番で4つ目のバーディを奪うと、最終9番はチップインバーディで締めくくった。
「今日はスコアを考えず、ちょっとでもスイングの調子が上がればいいなと思ってやりました。アンダーパー出回らないと、予選通過は無理かなと思って」と、トータル2オーバー・35位タイで最終日に駒を進めた。
調子の上がらなかったスイングも、「なんとか分かってきた感じ。とにかく自分を疑わずにやることを心がけました」と徐々に復活の兆しが見えてきた。「明日も成績は気になると思うけど、気にしないで。スイングを元に戻すように頑張ります!」。2012年、16年と二度制している今大会で、いい流れをつかめるか。初日は曇っていた笑顔が、この日は“スマイル・キャンディ”本来の輝きを見せていた。(文・谷口愛純)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

「PRGRレディス」二日目の結果!
【写真】ボミもハヌルもオフショット写真満載のライブフォトはこちら!
「2度、衝突もあった」専属キャディ・清水重憲が語ったイ・ボミとの2017年秘話【特別連載〜イ・ボミは燃え尽きてしまったのか〜】
【ドライバー・正面】復活を期すスマイル・キャンディの超最新スイング!【イ・ボミ連続写真】
【辻にぃスイング見聞】イ・ボミ不調の原因はダウンスイング “2コマ遅れ”が手打ちを招いた