闘いながら少女を先頭へと押し上げる、タフな女たちの気概

写真拡大 (全2枚)

平昌オリンピックが閉会して2週間、現在はパラリンピックで競技者たちがメダルを競っている。

五輪に女性が参加できるようになったのは、1900年の近代オリンピック第2回から。19カ国1066人の選手のうち、女性は12人だけだったという。さらに当初はテニスやゴルフのみで、大会側が「女性らしい」と見なした競技に限られていた。

夏期も冬期もすべての競技に女性が参加できるようになって40年余り。今年も女性アスリートの素晴らしい闘いを見ることができたのを、素直に喜びたい。

フィギュアの「異次元の闘い」や、カーリング女子の健闘もさることながら、スピードスケートでの熱戦が印象に残る。「闘う女の美しさ」は、「女性美」と言われるものの中でも、比較的新しい種類の美だ。それはプロのアスリートからアマチュアまで、ゲームで全力を尽くすすべての女性に宿っているものだろう。

今回からの新種目、女子マススタートを見ていて思い出したのは、2009年のアメリカ映画『ローラーガールズ・ダイアリー』である。ドリュー・バリモアの長編映画監督デビュー作。モチーフになっているローラーゲームは、チームを組んで闘うイベント色の濃いスポーツだが、複数人がトラックを何周も滑走するという形式と、駆け引きが重要という点で、マススタートと似ている。

ドラマの主人公はテキサス州のボーディーンという田舎町の高校生、ブリス(エレン・ペイジ)。この連載で扱った映画のヒロインの中では最年少だ。

鬱屈していた少女が心から好きになれるものに出会い、恋も経験して成長していく青春ドラマを、なぜここで取り上げるのか? それは、青春をとうに過ぎた私たちにとって「過去の私」であるブリスに、さまざまなかたちで関わる大人の女たちが描かれているからだ。あらすじを紹介しながら、その関係を見ていこう。

ブリスの母は「少女を支配する女」である。自分がかつて出場していた美人コンテストでブリスを優勝させるのに全エネルギーを注入、若い頃の夢を娘によって実現させようとする、いわゆる毒母だ。自分では理想の母として振る舞っているつもりだが、娘に隠れて喫煙していたりする点に内面の弱さがほの見える。

母の過剰な期待に応えられず内心腐っていたブリスは、ある日、買い物に出たオースティンの店で、心ときめくものに出会う。ローラースケートを履いて店に滑り込んでくる、ちょっと不良っぽくカッコいい女たち。ブリスが見とれている前で、彼女らは試合のチラシをカウンターに置き、また颯爽と去っていく。

ブリスの心臓が鷲掴みにされるこのシーンで、少女時代に今まで見たことのない、ドキドキするものに出会った運命的な瞬間を、鮮やかに思い出す人は多いのではないだろうか。

親友のパシュの車で、大きな倉庫で行われるローラーゲームの観戦に来てみると、大勢の観客が詰めかけ会場は異様な熱気に満ちている。ちょっと気になる男子を見つけたりする。このシーンも、初めてコンサートなどに行った時のワクワク感を思い出させる。


映画のプレミア上映会で披露されたローラーゲームの様子 (Photo by Jeff Vespa/WireImage)

試合は強豪のホーリー・ローラーズと最下位のハール・スカウツ。選手たちは露出度の高いユニフォームに防具を装着し、黒々としたゴスっぽいメイクを決め、女子プロレスラーさながらだ。リンク名は「ブラディ(血塗れ)・ホリー」だの「アイアン(鉄の)・メイビン」だの、どこかで聞いた名をもじっているところが面白い。

女子のみで行われているローラーゲームは、滑走しながら体ごと相手をどついて転倒させるのもありの、かなりタフな競技。際どいジョークで会場を盛り上げる司会者のトークも女子プロとそっくりで、若い女たちの肉弾戦を観客はやんやと囃し立て、熱狂的に応援する。

ローラーゲームのワイルドな魅力にすっかり嵌ったブリスは、翌日から自宅回りの道で一人スケートの練習を始め、親には内緒で21歳以上の入団テストを年齢を偽って受け、ハール・スカウツに見事合格。

チームメイトは、聾唖者やシングルマザー、オリンピックを目指して落ちこぼれた人など多彩だが、美人コンテストの出場者と比べればアウトサイダーたちと言っていい。

迎えたデビュー戦で、ブリスは目覚ましい活躍を見せてチームに貢献し、皆に祝福される。そして、気になっていた男子、バンドマンのオリヴァーとも知り合いに。バイト先に訪ねてきたオリヴァーとドライブに出かけ、車のバンパーに寝そべって歌ったり、草原で戯れたりといったシーンは青春そのものの甘酸っぱい気分満載だ。

永久に続くように思われた憂鬱な毎日が一気に明るく開け、自分に自信がついてきたブリスは、それまで何かと彼女をバカにする言動を取っていたハイスクールの面々にも、強気の対応ができるようになる。この「怖いものなんか何もない」「どこまでも進んでいける」という全能感、若い頃に多くの人が一度は味わう感覚である。

チームはコーチの作戦とブリスの健闘で連戦連勝を続け、オリヴァーとの仲も順調に進展。だが、すべてが自分の願い通りになっているように思える裏では、現実に徐々にしわ寄せが出てくるものだ。

倉庫の不法使用で警察の手入れがあり、たまたま飲酒を見つかったパシュは逮捕されて友情に亀裂、朝帰りしたブリスは親を騙していたことが発覚し、大げんかして家出。更には、オリヴァーと親しげな女性の画像をバンドのサイトで発見し、ショックを受ける。

親バレといい失恋といい、我々から見ると「バレるに決まってるでしょ」「バンドマンだけはやめといた方が」と言いたくなる、絵に描いたような展開だ。

ここでブリスを助けてくれるのが、チームメイトのマギーである。彼女は、発達障害の幼い息子を育てているシングルマザー。家出して行く宛のないブリスを自宅に誘う。しかしただ保護するだけではなく、「母親と折り合え」と大人の説得。マギーは「少女を支援する女」だ。

もう一人、ブリスにとって重要な女性は、敵チーム・ローラーズのエース、メイビン。最初から何かと対抗心を見せつけ、試合でも激しく競り合い「敵役」然としているが、実は30を過ぎてスケートを始めたことを告白する。だから17歳で大好きなものを見つけられたあなたは幸運なのだと。ブリスから見れば、36歳でこれだけ堂々と現役を張れるということが希望だろう。メイビンは「少女に勇気を与える女」だ。

ラストのドタバタで、母は自らの敗北を、ブリスは「ママも闘ってきた」ことを認め、親子は和解へと向かう。家族揃っての応援で迎えた決勝戦、俊足のブリスを先頭に出させようとチームメイトたちが敵をブロックする中、小柄な少女は女たちの間をスイスイとくぐり抜けて疾走する。

一番若い女、未来のある女を、結束して前へ前と押し出していく、スネに傷持つ大人の女性たち。現実でもこうありたいものだと思う。

映画連載「シネマの女は最後に微笑む」
過去記事はこちら>>