シンガポールのチャイナタウンは、春節の訪れとともに真っ赤に彩られる(筆者撮影)

世界の春節を4回の短期連載で巡るシリーズ。注目するのは、中国人観光客の人気エリアトップを誇る東南アジアだ。
日本よりも中国人旅行者が集うタイの魅力」(3月6日配信)、「マレーシアが中国人旅行客を大歓迎する事情」(3月9日配信)に続く第3回は、世界中から投資家や起業家が集結し、スマート国家を掲げるシンガポールの春節をリポートする。

クリスマスにかき消される西暦の正月

シンガポールの春節を語る前に、まずはさかのぼることクリスマスシーズンから話を始めたい。シンガポールでは、常夏の国であるにもかかわらず、11月に入ると早々に街中がクリスマスムードに染まり始める。東南アジア最大級とも言われるオーチャードロードのイルミネーションでは、2キロメートル以上の区間にわたって高級ブティックや外資系ハイエンドホテルにまばゆいばかりの装飾が施され、まるで夢の国にいるかのような幻想的な空間が、大勢の観光客を引きつける。

日本と大きく違うのは、クリスマスの25日が過ぎても、そのイルミネーションは一向に撤去される気配がないことだ。


1月2日に訪れた、シンガポール随一の高級ブティック街・オーチャードロード。正月の雰囲気はどこへやら、クリスマスツリーやイルミネーションが撤去されることなく華やかに輝いていた (筆者撮影)

大みそか。そのシンボリックな姿で有名なマリーナベイ・サンズを見渡す会場で、カウントダウンのイベントは行われる。新年が明けた瞬間は花火も打ち上がり、相応に盛り上がりを見せた。しかし、翌日。“元旦”のオーチャードロードを訪れると、そこはいまだにクリスマスムード全開のまま。いわゆる、新年を迎えた、いそいそとした空気感はほぼ皆無だ。


1月を過ぎても街を彩り続ける巨大なクリスマスツリー。てっぺんを見ると小さく“HAPPY NEW YEAR”という電飾も飾られている(筆者撮影)

むしろ、11月から街をにぎわせてきたきらびやかなクリスマスのイルミネーションは、撤去されるどころか、ますます輝きを増して居座り続けている。一瞬、今日は本当に元日だったろうかと不安がよぎるが、巨大なクリスマスツリーのてっぺんに、申し訳程度に小さく飾られた“HAPPY NEW YEAR”の文字が、今日から“新年”であることをなんとか再確認させてくれる証しだろうか。

日本食料理屋でも、おせちなどの特別メニューを用意はしているものの、このクリスマスムードにかき消されてしまう勢いで、なんとも日本人としては混乱してしまう。企業や店舗も1月2日からはほぼ通常営業、元日が明けた翌日は普通に出勤するサラリーマンや、通学の子どもたちの姿を目にすることになる。

いよいよ始まる春節仕度 街が真っ赤に染まる

こうして、年が明けたのかいまいち判然としない、クリスマスがだらだらと残り続けるない混ぜな雰囲気が1月中旬ほどまで続いた後、春節は徐々に始まっていく。中華系住民が7割以上を占めるシンガポールの新年の幕開けだ。少しずつ街中は赤色に染まってゆき、欧米系の服飾ブランドも軒並み、中華風のお祝いデザインに様変わりする。


中華仕様に彩られたチャイナタウン。春節前は、中華系シンガポール人たちの買い出しも殺到し、歩くのも困難なほどに混雑する(筆者撮影)

なにより圧倒されるのは、チャイナタウンだ。文字どおり目もくらむほどに真っ赤な装飾や売り物で埋め尽くされるなか、春節前の買い出しに人々が殺到する。念入りに大掃除を終えた中華系シンガポール人たちは、家族や親戚が勢ぞろいする年に一度の祝いの日に向け、ご馳走に必要な食材や運気を上げるグッズなどの買い出しに余念がない。

この時期、中華系のお宅にお邪魔すると、玄関先には赤いランタン、居間に上がると派手な春節仕様のデコレーションで、まるで自宅が高級中華料理店に変貌したかのような勢いに驚かされる。

なかでも、長蛇の列ができるのはバクワと呼ばれるシンガポール名物のポークジャーキー屋。干し肉を砂糖やスパイスに漬け込み、甘辛く味付けして炭火で焼いたもので、保存食としても人気の一品だ。古くは中国福建省の人々が、貴重な栄養源であった肉を味付けして干していた保存食を、東南アジアに移民として渡った時に持ち込んだのが由来とされている。今では、めでたい場での贈答品としても重宝されており、旧正月に買い求める客は後を絶たない。


春節に向けた買い出しでにぎわうチャイナタウン。地元の中華系シンガポール人は自宅の飾り付けに使う“春節グッズ”や高級食材を買いに繰り出す(筆者撮影)

デパートの服飾売り場も、赤や金色のチャイナドレスがずらりと並び、下着売り場などはこちらが見ていて恥ずかしくなるほど、真っ赤でゴージャスなブラジャーやショーツがずらりと陳列されている。本当に身に着けるのかと思うが、店員曰(いわ)く、春節の時期は縁起を担いで下着までも赤くそろえる女性が多いのだという。

さらに、東南アジアで有名なタイガービールの箱も赤い春節仕様、幸せをもたらすとされている「みかん」も、うやうやしく1つずつ小ぎれいにラッピングされ、赤い箱に宝石のように詰められ売られている。日本産のみかんは、特に高級品として高値がつくそうだ。


この時期に贈答用の進物としても人気のバクワ、干したサラミタイプも人気だ(筆者撮影)

こうして、文字どおり春節に向けた“爆買い出し”を済ませると、あとは自宅で家族そろってゆったり過ごすのみだ。春節の連休は、ほとんどの企業や店舗は休み(大型ショッピングモールなどは除く)、タクシーはもちろんウーバーの台数も減る。シンガポールに越したばかりの日本人が「旧正月のシンガポールがゴーストタウン化している!」と驚いていたが、あれほどいた人たちは皆どこに消えたのだろうかと思うほどガランとしてしまうのだ。

海外旅行に出掛けるケースも多いが、日本の正月風景と同じように自宅でゆったり過ごすのが中華系の過ごし方。シンガポールで放送されたマクドナルドの旧正月向けCMでは、孫から祖父母までが1つの家に集い、ハンバーガーを食べる様子がユーモラスに映し出される。まさに、大家族が集まって過ごす中華系シンガポール人の象徴的な春節が浮かび上がる。

“民族大移動”は東南アジアの華人たちも

その代わりにシンガポールを訪れているのが、実は東南アジアの華人たちだ。シンガポールは、中国人観光客の春節期間中における渡航先ランキング3位となっているが、この時期民族大移動しているのは中国本土からの人だけではなく、東南アジアの華人、華僑たちも多くを占めている。

「マレーシアが中国人旅行客を大歓迎する事情」(3月9日配信)に登場した中華系マレーシア人の女性もご多分にもれず、シンガポールを一族総出で訪れた。ニュージーランドや香港などに散って暮らしている総勢15人にも及ぶ親族一同が、一緒に泊まれるホテルを半年前から予約。「祖母に始まり叔父、叔母、子どもたちもみんないるので、もちろん部屋は同じフロアで、かつコネクテッドルームでないとダメと言われていたので予約が大変だったわよ!」と、その苦労を大声でまくしたてる。

シンガポール名物のチリクラブ屋選びも一苦労だったそうで、日本人もよく行く有名な大型店舗は「サイズのバリエーションが乏しい」のでNG。しかも、15人全員が一緒に会話ができる大きな丸テーブルが必須で、地元民の間で有名な老舗店を予約したという。結局、その店でいちばん大きいカニ、しかも雌に比べてさらに大きいという雄のカニを3杯、特別に注文することになったそうだ。

春節の連休を終えた彼女は、親族皆の注文をすべてかなえて過ごすこの日々が、毎年いかに疲れ果てるものかを早口でひととおり述べたあと、来年のその時期がくるのが早くも怖いと、憂鬱な表情を見せた。

タイやマレーシアでも、見た目から中国人観光客かと思いインタビューをすると、実は東南アジアで暮らす中華系華人たちであるケースが多く、彼らがASEAN諸国間を春節の連休で気軽に移動していることがよくわかる。

中華系シンガポール人の春節とは

では、国民の7割以上を占める中華系シンガポール人の春節はと言うと、フィリピン人家政婦のFacebookをのぞくと垣間見えてくる。共働きの割合が多く、フィリピン人女性たちが、家庭で活躍しているシンガポール。大のSNS好きである彼女たちは、日々の生活のあらゆるシーンを写真におさめアップする。

特にこの時期、彼女たちのタイムライン上はシンガポール中の“春節映え”するスポットで撮影した写真であふれる。なかでも、中華系の裕福な一家の下で働く女性のFacebookには、アワビやなまこなどの高級食材をふんだんに使った大ご馳走とともに、大家族との幸せそうな集合写真が映し出されていた。


中華系シンガポール人宅で、ハウスキーパーとして働くフィリピン人女性のFacebookタイムラインより 左は春節のご馳走、右は「紅包(アンパオ)」と呼ばれる中国のお年玉

さらに、春節支度の手伝い風景としてアップされていたのは、大量の札束と赤い封筒の写真。これは、「紅包(アンパオ)」と呼ばれる中国のお年玉で、日頃の感謝を込めて、行きつけの店の店主やコンドミニアムの管理人などにまで配られたりする。フィリピン人家政婦の女性曰く、働いている家庭によってその封に入れられる額は大きな差がつくのだという。

「ケチな雇い主だったら数百円以下もザラだけれど、ラッキーな家政婦は、その雇い主の親戚や友人たちからももらえたりして、合計1万円以上になることもあるわ!」

出稼ぎの女性を多く受け入れているシンガポールにあっては、春節時にいかに“お年玉”をもらえたか、フィリピン人たちの間でも大いに盛り上がる話題なのだろう。

ちなみに、この「紅包」にも、すでに電子化の波が押し寄せている。メッセージアプリを通じて春節の“お年玉”を、スマホのボタン一つで簡単に贈る動きが加速している。シンガポールの大手銀行では、2015年に“キャッシュレスお年玉”を導入以来、利用者数は増え続け、昨年は、前年比5倍の利用者数を記録したという。

シンガポールの地元紙でも、キャッシュレスお年玉について特集記事が組まれ、実際にスマホを通じてお年玉を受け取った女性が「かなりわくわくする体験で、その目新しさから特別感を感じることもできた」と好意的に受け止めている一方、「直接的な交流に欠けている」と否定的な声も紹介されている。


配車サービス大手Grabが今年行った、“キャッシュレスお年玉”サービス。利用者同士がGrabのポイントを贈り合える新たなサービスが話題を呼んだ

ちなみに、シンガポールやマレーシアで広く普及している配車サービス大手のGrabも“キャッシュレスお年玉”の潮流に乗り、利用者がメッセージとともに配車に使用可能なお年玉(現金化は不可)をスマホで贈るサービスを提供して話題を集めた。そのほかにも、春節時期には、大手ファストフード店やワインショップなどがオンライン上でお年玉キャンペーンを展開するなどし、“春節サービス”の電子化が加速している。

電子化を急速に進めるシンガポールだが、実は“キャッシュレスお年玉”の普及は中国が最も早い。中国のIT大手テンセントは、春節が始まる前日の大みそかに、スマホアプリを使ってお年玉を贈った利用者が6億8800万人に上ったと発表した。

ある研究機関のデータでは、キャッシュレスお年玉に対する心理的ハードルは、シンガポールよりも中国のほうが低い傾向にあるとし、中国人がより積極的に利用している現状が明らかにされている。フィンテック分野でも中国はその勢いを加速させるなか、シンガポールにとっても無視できない存在だ。

難しい舵取りを迫られるシンガポール

そもそも、中国はシンガポールにとって最大の貿易相手国であり、有力な華人系企業の影響力も甚大だ。昨年9月、中国の習近平国家主席とシンガポールのリー・シェンロン首相は北京で会談し、習主席の「一帯一路」構想への協力呼び掛けに対し、リー首相は支持する考えを示している。

東南アジアでインフラ投資などが相次ぎ、シンガポールが地域のハブとしての地位を強化することで、シンガポール企業にも大きなビジネスチャンスをもたらすとの見方もある一方、港湾などの新たなインフラ建設により貿易ルートが変わることで、シンガポールにとって脅威となる可能性も指摘されている。

今年、シンガポールは東南アジア諸国連合(ASEAN)の議長国を務める。シンガポールはこれまで、欧米や日本とも緊密な関係を保持しつつ、中国とも友好を維持するバランスを保ってきたが、今年は難しい舵取りが迫られている。華人系が大多数を占めるシンガポールに対し、中国政府がかける期待は大きい一方、世界が注視する南シナ海問題を含め、シンガポールが自国の利益と国際社会への姿勢をどのように示していくのか。

(※)最終回は「アジア最後のフロンティア」とも呼ばれるミャンマーを歩く。