7分付けのち持ち上げてクルリ。

7分付けのち持ち上げてクルリ。

 ソースを無駄にしないことから始まったと言われる2度付け禁止ルール。改めて付けられないからと、ザブンと浸している人も多いはず。が、それではソースがまとわり過ぎで、せっかくの素材の味が楽しめなくなってしまう。「ソースが滴り落ちることなく全体に付いているくらいが素材の味もわかり、丁度いいと思いますよ」とは『玄鷹斎』の三木さん。

 ほどよくソースをまとわせるためには「7分付けたら、持ち上げて、クルリと回してパクリ」と覚えておくとよい。細かなことは左の説明キャプションで。

揚げたての串揚げをソースの入った容器に7分程度浸したら、タネが上に来るように持ち上げる。ソースが手元(ソースが付いていない方)に滴ってくるのを、串をクルクルゆっくりと回しながら受け止める。全体にソースが行き渡ったら、熱々のうちに食すべし!