3月5日、米ハリウッドで開催された第90回アカデミー賞授賞式で「This Is Me」をパフォーマンスしたキアラ・セトル(写真: REUTERS/Lucas Jackson)

確かに身体は感動している。瞳もずっと湿り続けている。でも、頭の中で、自分がストーリーのどこに感動しているのかがわからない。言わば「理由のない感動」をもたらす映画――率直に言えば、私にとっては、そういう映画であった。

冷静に考えれば、素材自体はなかなか感情移入しにくいものである。「19世紀半ばのアメリカでショービジネスの原点を築いた伝説のプロモーター」(パンフレットより)と言えば聞こえはいいが、実際は、低身長の「親指トム将軍」や、ヒゲの生えた女性歌手や、ほかにも巨人や、全身刺青の男性などの「ユニークな人」(要するにマイノリティ)を見世物にしたショーで大儲けし、「ペテン王子」と言われた実在の興行師=P.T.バーナムを主人公とした話なのだから。

そのせいか、本国アメリカでも、当初は評論家受けが芳しくなく、初日から3日間の興行収入は全米で880万ドル(約9億5000万円)と伸び悩んだようだが、観客評価は非常に高く、ジワジワと人気が広がり、3月4日時点で、1億6000万ドル(約170億円)の興収を上げるまでに盛り上がったという(出典:Rentrak Box Office Essentials)。

「大衆受け」は非常に良かった

頭で映画を見る評論家が理屈で否定するも(そのせいか、アカデミー賞授賞式では、「ヒゲの生えた女性歌手」を演じたキアラ・セトルが挿入歌「This Is Me」を感動的なまでに歌い切るも、結局無冠に終わった)、身体で映画を受け止める大衆が、しっかりと食いついたということだろう。


この連載の一覧はこちら

対して日本では、公開初日から大ヒット。公開直後の週末(2/17〜2/18)でいきなり首位デビュー、翌週末も首位キープ。直近の週末(3/3〜3/4)においても、依然3位と高い水準にある(出典:興行通信社)。その上、サウンドトラックは最新3月12日付オリコン週間アルバムランキングで初の総合1位を獲得するヒットとなっている。

それではこの映画が、どのような理由で、この日本において支持されたのだろうか。まずはプロモーションにおいて、昨年、日本で大ヒットした映画『ラ・ラ・ランド』の威を、うまく借用したことがある。


映画『グレイテスト・ショーマン』のヒットの背景を探ります(写真:(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation)

突然ですがクイズです。以下の2つの文章の違いを指摘せよ。

(1) 公式サイトの「ABOUT THE MOVIE」のページより:
「ヒュー・ジャックマン×『ラ・ラ・ランド』の製作チームが贈る映画至上最高のロマンティックな感動ミュージカル・エンターテイメント、開幕!」
(2) パンフレット「INTRODUCTION」のページより:
「ヒュー・ジャックマン×『ラ・ラ・ランド』の音楽家チームが贈る映画至上最高のロマンティックな感動ミュージカル・エンターテイメント、開幕!」

そう、違いは「製作チーム」と「音楽家チーム」である。パンフレットより広く見られる公式ページでは、「製作チーム」と大きく表現することで、『ラ・ラ・ランド』のご威光を徹底的に活用するという意識が透けて見える。

実際に、『ラ・ラ・ランド』とこの映画で共通するのは、ベンジ・パセックとジャスティン・ポールという「音楽家チーム」だけである。さらにはこの2人、『グレイテスト・ショーマン』では作詞・作曲を担当しているのだが、『ラ・ラ・ランド』では、作詞しか担当していないのだから、「製作チーム」という言い方は、かなりギリギリだろう(しかし私は、後述する理由で、この件に目くじらなど立てない)。

かくして、『ラ・ラ・ランド』の感動をもう一度という面持ちで、詰めかけた観客も多かったと思われる。そして、『ラ・ラ・ランド』冒頭の、渋滞した道路の上で展開される傑作ミュージカルシーンにも負けない、この映画の冒頭の、ショーの出演者全員による楽曲「The Greatest Show」のシーンを見て、一気にテンションが上がったのではないか。

「映画体感志向」とうまくマッチした

そして2つ目の理由として指摘できるのは、「映画体感志向」との合致である。つまり、微動だにせず静かに「鑑賞」するのではなく、まるでスポーツ観戦やロックフェスに参加するように、映画でも、ライブな盛り上がりを「体感」したいというニーズのことである。

4年前の大ヒット映画『アナと雪の女王』の、スクリーンに表示される歌詞に合わせて歌うことができる「みんなで歌おう版」の上映などをきっかけに、そのニーズは顕在化。最近では、リアルな臨場感を体感できる「IMAXシアター」や「DOLBY ATMOS」の普及、さらには、日本各地で行われている「爆音上映」などが、その「映画体感志向」に応えている。

『ラ・ラ・ランド』との違いとして、この映画は、のべつまくなし歌い・踊っているということがある。『ラ・ラ・ランド』に比べ、ストーリーの起伏は少なく、何か問題や障害が起きても、歌い踊っている間に解決し、物事は前に進んでいく。正直、ストーリーにそれほどの深みは感じられなかった。

しかしその分、その歌や踊りに、身体中で「体感」「没入」できる。事実、私が見ていて、無意識に涙が流れてきたのも、先の冒頭の「The Greatest Show」のシーン、ゴールデングローブ賞で最優秀主題歌賞にも輝いた「This Is Me」のシーン、歌姫「ジェニー・リンド」がホイットニー・ヒューストン並みのキレのあるボーカルで聴かせる「Never Enough」のシーンなど、要するに、ストーリーの機微で「泣いた」のではなく、圧倒的な歌や踊りという力技で「泣かされた」のだ。

【3月11日10時40分追記】初出時、「アカデミー賞主題歌賞にも輝いた」と記述していましたが、「ゴールデングローブ賞で最優秀主題歌賞にも輝いた」に訂正しました。

と、ここまでを読むと、「何と俗っぽい映画か」と思われるかもしれないが、そういう見方に対してフォローするのが、3つ目の理由となる、閉塞的な時代の空気に呼応した「いい話」要素の有効活用である。

「いい話」要素がヒットをたぐり寄せた

ネタバレを防ぐために詳述は避けるが、映画の途中で、「ユニークな人」(マイノリティ)が決起するシーンがある。そこで歌われるのが「This Is Me」だ。「マイノリティの私たちだって、輝ける場所があるのよ」という内容の曲である。

多少うがった見方になるが、この歌によって、この映画全体が、差別を否定し、マイノリティの人権を尊重する「いい話」として機能し始める。そしてそれは、とりわけトランプ政権下のアメリカでは、時代の空気が求めるものでもあっただろう。逆に、このような「いい話」としての要素がなければ、ここまでのヒットには、決して至らなかったはずだ。

ここで、私が注目したいのは、これまで挙げた「『ラ・ラ・ランド』の威の借用」「『体感ニーズ』との合致」「『いい話』要素の活用」という3つのヒット要因は、まるまる映画の中のP.T.バーナムが用いていた方法論だという、驚くべき事実である。

P.T.バーナムの手にかかれば、誇大表現・誇大広告など当たり前、また、大きなホールやテント劇場を作って、盛り上がりを大衆に「体感」させ、また、評論家や地域住民の批判に対して、「われわれは人々を楽しく幸せにしているんだ」という「いい話」要素を盾に、徹底的に居直る。

つまり、この映画のマーケティングは、映画の中のP.T.バーナムのマーケティング手法に、ぴったり沿っているのである。そう考えると、実に見事なメタ構造であり、ここまで私が述べてきた違和感など、正直どうでもよくなってくる。「『ラ・ラ・ランド』の製作チーム」という文言でいいじゃないかと。

P.T.バーナムのショーと同じような感覚

おそらく、19世紀半ばのニューヨークで、P.T.バーナムのショーを実際に見た人たちも、同じような感覚だったのではないか。「何だかうさんくさいなぁ」→「でも面白いぞ」→「気がついたら、盛り上がっていた」→「訳もわからず泣いていた」……。

2月の日本は、平昌五輪一色だった。テレビは、メダルを獲得した選手たちへの「感動をありがとう!」といった言説に支配されていた。努力、根性、愛情……を根拠とした、言わば「理由のある感動」の大安売りだ。

そんなタイミングだったからこそ、この映画のシンプルなストーリーに積み重ねられ、厚みを増していく、見事な歌と踊りを「体感」することで、「『理由のある感動』疲れ」のようなものが身体から排出されていくという、一種のデトックスのような感覚を味わったのだ。

気持ちよかった。気持ちよく泣いた。冒頭で書いた「理由のない感動」に、唯一理由があるとしたら、そういうことだ。