(写真提供=SPORTS KOREA)キム・ギドク監督

写真拡大 (全3枚)

韓国で「#MeToo」運動が盛り上がるなか、“韓国映画界の鬼才”キム・ギドク監督にも性的暴行の疑惑が浮上した。

3月6日に韓国で放送された『PD手帳』(MBC)で、キム・ギドク監督の映画に関わったことがあるという女優らが「監督から性的暴行(レイプ)を受けた」と暴露したのだ。

以前にも女優に暴力を振るった容疑で罰金刑に処されたキム・ギドク監督だが、実はセクハラや性的暴行も働いていたことが白日の下で晒されたことによって、韓国映画界に再び衝撃が走っている。

【参考記事】「主人公をやりたきゃ私と…」素顔を暴露されたキム・ギドク監督と韓国映画界の残念な現状

オダギリジョーなどが出演した映画が…

というのも、キム・ギドク監督は新作映画『人間、空間、時間、そして人間』(原題)の韓国公開を4月に控えていた。


キム・ギドク監督の新作映画『人間、空間、時間、そして人間』(原題)


韓流スターのチャン・グンソクをはじめ、“日本からやって来た清純のアイコン”として韓国でも人気を誇る藤井美菜にオダギリジョーなど、日韓の豪華キャストが集結し、第68回ベルリン国際映画祭のパノラマ・スペシャル部門にも選出された作品だ。

ただ、以前から作品内に強姦や性売買、暴力などの要素を練りこんできたキム・ギドク監督だけに、同作にも女性の主人公が5人の男に犯されるといった過激なシーンが描かれているという。

監督の性的暴行疑惑が持ち上がった今となっては、当然というべきか、公開が難しくなる見込みだ。もし公開されるとしても、酷評は免れないだろう。

こうした事態を受けて、作品の関係者も途方に暮れている。『人間、空間、時間、そして人間』に出演している俳優の関係者は、韓国紙『イルガン(日刊)スポーツ』との取材でこう言っていた。

「監督が暴行容疑で告訴されたときから不安ではあった。ただ、罰金刑で収まったし、新作が海外映画祭にも選出されてホッとしていたが、#MeToo運動の拡散によってここまで衝撃的な暴露が出るとは想像もしなかった」

#MeToo運動が拡散している韓国

韓国では#MeToo運動が大きな波風を立てている。

1月29日に現職検事だったソ・ジヒョンさんがJTBCの看板報道番組『ニュースルーム』でセクハラの経験を暴露したことを皮切りに、ノーベル文学賞候補といわれていたコ・ウンや、舞台演出家のイ・ユンテク、さらにはクリエイターで最近は週刊ヤングジャンプにもグラビア写真が掲載された“美少女専門カメラマン”Rottaなどにセクハラや性的暴行疑惑が持ち上がっている。

特に韓国芸能界における#MeToo運動の波風は荒く、現在、セクハラ・性的暴力の疑惑が持ち上がったタレントだけでも15人以上に及び、それこそ混沌とした状態だ。


(写真提供=SPORTS KOREA)オ・ダルス


“名脇役”のオ・ダルスをはじめ、チョ・ミンギ、チェ・イルファ、チョ・ジェヒョンなど人気俳優らが一夜にして信用を失うこととなった。

チェ・ジェヒョンの場合、「キム・ギドク監督のペルソナ」といわれるほどキム・ギドク監督作品に数多く出演しているが、前出の『PD手帳』では、「キム監督と俳優チョ・ジェヒョン、チョ・ジェヒョンのマネジャー。この3人に毎晩、性行為を強要された」という告発もあって、世間を震撼させている。

実際に、韓国大統領府である青瓦台の国民請願掲示板では、「2人の性的暴行疑惑に対する徹底的な調査と厳罰」を要求する請願が数十件も上がっている状況だ。

#MeToo運動による韓国芸能界の変化も現われつつある。

キャスティングを行う際に、俳優のプライベートも検証に検証を重ねるようになったことはもちろん、「男性のキャストを女性に変えてみよう」「女性中心のストーリーを書いたらどうか」という声も出ているというのだから、今後の動向にはぜひ注目したいところだ。

はたして韓国の#MeToo運動はどこまで突き進むのか。驚愕と失望を繰り返す日々に、気疲れしそうな今日この頃だ。

(文=慎 武宏)