ソフトバンクの春季キャンプで調整する松田宣浩選手(前方)(筆者撮影)

今年1月、筆者は『プロ野球12球団春季キャンプの歩き方2018』を刊行した。そのために、昨年2月は12球団の15のキャンプ地を回った。今年も18のキャンプ地を回った。こういう形でキャンプ地を網羅する人は少ないのではないか。「キャンプ地総まくり」からは、今のプロ野球の違った側面がいろいろ見えてきた。

プロ野球の春季キャンプとは何か?

そもそも、プロ野球の春季キャンプとは何なのか? プロ野球の「法律」である「野球協約」には、以下の条文がある。

第87条 (参稼期間と参稼報酬) 1
球団は選手に対し、稼働期間中の参稼報酬を支払う。統一契約書に表示される参稼報酬の対象となる期間は、毎年2月1日から11月30日までの10か月間とする。

球団は12月1日から翌年の1月31日までの期間、選手にユニフォームを着せて試合や練習をさせることはできない(ウィンターリーグなどの例外はある)。プロ野球選手は「個人」に戻る。年末から年始にかけてプロ野球選手がいろいろなテレビ番組に出演するのは、そのためだ。先日紹介した横浜DeNAベイスターズ筒香嘉智選手のメッセージもこの期間に発せられたものだ。

そして2月1日、選手は再び「球団の一員」となる。球団はこの日から新年度をスタートさせる。2月1日はまさに「プロ野球の元旦」なのだ。春季キャンプは、単なる「合宿」「合同練習」ではなく、全選手、監督、コーチ、チームスタッフが参加し、ペナントレースを戦うための新しい「チーム作り」をする重要なプロセスなのだ。


この連載の一覧はこちら

当初は、財力のあるチームは温泉地などでキャンプを行い、予算が乏しい球団は本拠地球場や、多摩川の河川敷などで行うこともあった。しかし、1955年に巨人が温暖な宮崎県の串間市でキャンプを始めてから、次第に宮崎県、高知県など西日本で多く行われるようになる。そして今は、沖縄県、宮崎県が2大キャンプ地になっている。

春季キャンプを行うには、どんな条件が必要なのか?

1つは当然「温暖な気候」。厳寒の2月に体を動かすのだから当たり前ではある。それに「降雨量が少ない」ことも望ましい。

施設面では、全体練習や実戦形式の練習、練習試合などを行う「メイングラウンド」、投手の守備練習や特守などを行う「サブグラウンド」、投球練習を行う「ブルペン」、そして雨天を中心に使う「室内練習場」。この4点セットが必須だ。

そしてできれば、この4点セットがダブルで欲しい。プロ野球キャンプは1軍と2軍に分かれて行う。1軍の指揮官にしてみれば、1軍を中心に見ながら、2軍の様子も気にかかる。同じキャンプ地で1軍、2軍が一緒にキャンプをしていれば、全選手の状態を把握でき、的確な選手の登用ができる。

さらに、「対戦相手」も重要だ。キャンプは中盤以降、実戦練習が中心になる。紅白戦を経て練習試合をするうえで、対戦相手が近くにいることも大事なポイントだ。

プロ野球春季キャンプは地域によって、さまざまな事情を抱えている。


宮崎県では、宮崎市、日南市、西都市でプロ野球キャンプが行われている。宮崎市ではソフトバンクホークス、オリックス・バファローズ、巨人の3球団がキャンプを行っている。1つの市町村で、3球団がキャンプを張っているのは宮崎市だけだ。

JR宮崎駅からは、キャンプ期間中、キャンプ場へのシャトルバスが出ているが、この便数は、平日は巨人、オリックスが3便、ソフトバンクが7便、土日は巨人、オリックスが7便、ソフトバンクが15便。これでわかるように、圧倒的にソフトバンクの人気が高い。

かつては、宮崎キャンプと言えばパイオニアでもある巨人の人気が圧倒的だったが、巨人の1軍が2月後半に沖縄で二次キャンプを張るようになったこともあり、地元九州のチームであるソフトバンクの観客動員数が大きく伸びてきている。また、新たにオリックスを誘致したことで、大阪方面からの誘客も伸びている。

宮崎市スポーツランド推進課課長の野尻政嗣氏は語る。

「各球団の成績で、春季キャンプの来場者は大きく変わる傾向にあります。ホークスが2連覇した翌年の2016年は73万3000人でしたが、前年2位に終わった昨年は50万人弱。今年は優勝の翌年なので60万人は行くんじゃないでしょうか」

「おらがチーム」ホークスキャンプに押し寄せるファン

ソフトバンクのキャンプは2003年から、宮崎市中部の生目の杜(いきめのもり)運動公園で春季キャンプを行っている。

広大な公園には本格的なグラウンドが2面あり、サブグラウンド、室内練習場などの施設も充実。ソフトバンクの1〜3軍の全選手がA、B組に分かれて、一つの敷地内で練習に励んでいる。早朝からの多くのファンも間近で選手たちの練習風景を見ることができる。

「何といっても本拠地の福岡と地続きなのが大きいと思います。シーズン中も私どもは九州各地で試合をします。九州の皆さんはホークスを”我がチーム”だと思ってくださるのでしょう」と、福岡ソフトバンクホークス経営管理本部広報企画部部長の鈴木直雅氏は話す。

地元の手厚い受け入れ態勢についても、「宮崎市、観光協会の方々の物心両面でのサポートは本当にありがたいですね」と話した。

ソフトバンクは今季から、メインスタジアムである宮崎市生目の杜運動公園アイビースタジアムの観覧を一部有料にした。鈴木氏は、これについては「有料化」ばかりが注目されるが、真の目的は別にあるという。

「これは” おもてなしシート”と言います。キャンプの良い席はどうしても朝早くから駆けつける地元のお客様に早い者勝ちでおさえられがちです。そこで福岡など遠方のお客様にもお席を確保するために、土日に限り2000円の指定席を販売したわけです。

” おもてなしシート”のお客様には、キャンプグッズと宮崎県の名産など2000円相当のお土産をお持ち帰りいただきます。雨天中止の場合は、チケットを払い戻しますが、お土産はそのままお渡しします。あくまで、遠くのお客様の席を確保するのが目的です」

ソフトバンクは2月1日から1カ月、場所を移動することなく腰を据えて宮崎で練習をしてきた。これも圧倒的な人気の一因だろう。


ソフトバンク公認グッズも販売されていた(筆者撮影)

動静をリアルに伝える巨人、人気上昇中のオリックス

巨人は宮崎市南部、海に面したKIRISHIMAヤマザクラ宮崎県総合運動公園で春季キャンプを行っている。この地でキャンプをして今年で60年になる。

規模の大きさ、施設の充実ぶりではこのキャンプ地の右に出るものはない。本格的な球場が3つあり、サブグラウンド、室内練習場も充実している。ここで1〜3軍がキャンプを張る。広大な敷地のため、キャンプ地内をシャトルバスが走っている。またレンタサイクルも完備されている。ファンの数もソフトバンクに次いで多い。

巨人キャンプは広大なため、ファンがお目当ての選手を見つけやすいように、選手個々の動静をキャンプ特設サイトで、オンタイムで紹介している。「〇〇投手は、今ブルペン」「〇〇選手は、これからサブグラウンド」……。ファンは、スマホを見て移動する。選手の動静は、各施設に配置されたアルバイトスタッフが逐一本部に送信している。

今年でいえば、1軍は2月14日で宮崎での一次キャンプを打ち上げ、沖縄県那覇市の二次キャンプに移動したが、そのあとはメインのサンマリンスタジアムは、2軍選手が使用する。こういう形で2月終盤までキャンプを見ることができるようにしている。

オリックスは宮崎市中南部の 宮崎市清武総合運動公園で2015年からキャンプを張っている。2016年にはメイングラウンドのSOKKENスタジアムに隣接して第二球場も完成。この年から、1、2軍が一緒にキャンプをしている。メイングラウンドの三塁側の上段からは、第二球場の様子を見ることもできる。これはぜいたくなことだ。

まだ年数が浅いこともあって、ファンの数はソフトバンクや巨人には及ばないが、タクシー運転手は「今年はオリックスキャンプへ行く回数が増えた」と話してくれた。

宮崎市の3球団のキャンプはすべて1、2軍(3軍)が合同のフルセットだ。キャンプの地元の支援は宮崎市観光協会が中心的役割を担っている。

前出の野尻スポーツランド推進課課長はいう。

「各球団のサポートは”協力会”という地元組織が担当しますが、3つの協力会の会長はすべて宮崎市長です。そして、実動部隊は市や観光協会の職員です。3つのキャンプ地の売店は協力会で設営し、来場者数実績に応じて出店業者を割り振っています。売店の売り上げから、店舗の設営費などを出しています」

宮崎市観光協会は、3キャンプ地のコラボグッズも販売している。キャンプオリジナルグッズを中心に、球団グッズの売り上げも好調だ。老舗だけあって、宮崎市のキャンプは、ビジネスモデルが明確で、オペレーションもスムーズだ。これが球団にとっても大きなメリットになっている。

今年2月、広島カープの一軍キャンプの最寄り駅、宮崎県日南市のJR油津(あぶらつ)駅を訪れた客は度肝を抜かれたに違いない。駅舎が丸ごと真っ赤に塗られていたからだ。


真っ赤に塗られた油津駅(筆者撮影)

さらに、商店街からキャンプ地の天福球場に続く道には、レッドカーペットよろしく、赤い塗装が敷かれている。これを「カープ一本道」という。球場前の横断歩道はまるで紅白幕のようになっている。

「駅舎の塗装はJR九州さんと地元有志でやりましたが、” カープ一本道”は市でやりました。うちは地元を挙げてカープを応援しています」と日南市観光・スポーツ課課長補佐兼スポーツ推進係長の古澤慎一郎氏は言う。

カープのキャンプ地、日南市天福球場はJR油津駅から10分足らずの至便の立地。竣工翌年の1963年からカープが使っているだけに、施設全体に「昭和感」が漂う。だが、キャンプに押し寄せるファンの熱気は半端ではない。選手の通路にはファンが鈴なりになっている。「がんばって」の声が絶えずかかる。

商店街には、広島カープ優勝祈願の「鯉神社」が設けられている。商店街には選手や監督、コーチと古いなじみの店主も多い。「弱かったときからずーっと見とるとです。ここのカープファンは年季が入っとる」。真っ赤なウエアを着せた犬を散歩させながら、住民の男性は胸を張る。

2月14日で1軍は一次キャンプを打ち上げ、沖縄県沖縄市の二次キャンプに移った。「でも、同じ日南市の東光寺球場で練習していた2軍が代わりにやってきます。今年は、新井貴浩選手が残ってくれましたから、引き続き頑張ってサポートします」と前出の日南市観光・スポーツ課の古澤慎一郎氏は話していた。

「地元愛」と「球団愛」が結びついたキャンプ支援

広島カープのキャンプ地の最寄り駅油津からJR日南線で2つ隣の南郷駅下車徒歩15分の西武ライオンズのキャンプ地は広島に比べればおとなしい印象だ。

しかし、このキャンプには女性を中心に筋金入りのライオンズファンがやってくる。筆者は昨年秋の秋季キャンプでもこの地を訪れたが、毎週末に関東から通っている女性がいた。そしてその女性と、この春も再会した。春季キャンプも、週末ごとに来ている。給料は大半、ライオンズ追っかけのために消えるのだという。

春季キャンプの時期に、日南市油津にある日南市観光協会のオフィスに入ると真っ赤なカープのユニフォームを着た職員と、ブルーを基調とした西武ライオンズのユニフォーム姿の職員が一緒に仕事をしているのが目に飛び込んでくる。


カープ一本道と名付けられた道路(筆者撮影)

日南市も市内でキャンプをする広島、西武両方を支援する「協力会」を立ち上げている。どちらも日南市長が会長を務めているが、西武の協力会は主として日南市南郷町出身者が担当している。南郷町は2009年に日南市と合併するまで別個の自治体だった。広島と西武の担当を明確に分けているのは、風土や文化も異なる旧南郷町のアイデンティティを尊重しているからだろう。

「観光宮崎」のブランディングに貢献

日南市のデータによれば2004年の広島春季キャンプの来場者は1万4500人だったが、2017年には7万7000人と5倍強になっている。対して西武ライオンズは2004年には2万6000人だった。2010年には6万0950人も来ていたが、2017年には1万3000人と半減。チーム成績などもあって、キャンプ地の動員数はけっこう大きく揺れ動くのだ。

人数の多寡にかかわらず、日南市のキャンプには、熱気が感じられる。宮崎市が「ビジネスモデルとしての完成度が高いキャンプ」だとすれば、日南市は「熱い球団愛に支えられたキャンプ」だと言えるのではないか。

このほかには宮崎県北部の西都市でヤクルトスワローズの2軍キャンプが行われていた。

半世紀以上、プロ野球キャンプのメッカとして知られてきた宮崎県だが、最近は沖縄県にやや押されている印象だ。

宮崎県観光推進課スポーツランド推進担当主事の児玉兼輝氏は、「長年プロ野球キャンプを官民一体となって受け入れていることで、受け入れノウハウが蓄積されるとともに『スポーツランドみやざき』のブランド力が向上し、プロ・アマ問わずさまざまな競技の合宿誘致につながっています。また、キャンプ期間中は受け入れ自治体が大きな盛り上がりを見せるため、地域活性化にも寄与していると考えています」と話した。

プロ野球の春季キャンプは多年にわたって「観光宮崎」のブランディングに貢献していることを肌で感じた。