小山昇(こやま・のぼる)  株式会社武蔵野代表取締役社長。「大卒は2人だけ、それなりの人材しか集まらなかった落ちこぼれ集団」を15年連続増収の優良企業に育てる。「数字は人格」をモットーに、700社以上を指導。5社に1社が過去最高益、倒産企業ゼロとなっているほか、年間240回以上の講演・セミナーを開催。日本で初めて「日本経営品質賞」を2回受賞(2000年度、2010年度)。2017年にはJR新宿ミライナタワーにもセミナールームをオープンさせた。『朝30分の掃除から儲かる会社に変わる』、『強い会社の教科書』、『【決定版】朝一番の掃除で、あなたの会社が儲かる!』、『1日36万円のかばん持ち』、『残業ゼロがすべてを解決する』などベスト&ロングセラー多数。

JR新宿ミライナタワー改札から15秒!夏は神宮外苑の花火大会、冬は日本一高い富士山の雪化粧が見られる10階の一等地。ここに15年連続増収の株式会社武蔵野がセミナールームを開いたのは2017年2月。あれから1年弱……。社長の小山昇氏を直撃すると、「新卒説明会にも前年比2.36倍の1020名がきて、どんどん採用できる。しかも辞めない」という。JR新宿ミライナタワーの家賃は「月500万円」。ここだけで年間6000万円にもなる。
小山氏が社長に就任した1989年の売上が7億円だったが、直近では63億円に達した。
実に28年間で売上を「9倍」にした“経営のカリスマ”は、なぜこれだけの大金を1ヵ所に投資したのか?
全国700社以上を指導し、倒産企業ゼロ、5社に1社が過去最高益、自社も日本初の「日本経営品質賞」2度受賞、15年連続増収の小山氏が、創業以来最も大切にするのが「数字は人格」という経営哲学だ。
発売たちまち重版が決定した話題の『数字は人格――できる人はどんな数字を見て、どこまで数字で判断しているか』に関して、「書いてはマズイ全51社のエピソードと、99%の社長が勘違いしている“人を育てる数字・ダメにする数字”を書き尽くしてしまった。“数字は人格”には魔力がひそんでいる」と小山氏。
企業の不正発覚が相次ぐ中、なぜいま「数字は人格」なのか?
全国を飛び回っている分刻みのスケジュールの小山氏をついにつかまえた!(構成:寺田庸二)。

会社のデータは宝の山

 会社には様々なデータがあります。
 売上や利益などの基幹データをはじめ、客数、リピート率、ダイレクトメールの開封率、工場のリードタイム――。

 これらのデータは、まさしく宝の山。
 分析することで、会社を成長させるヒントが見つかります。

 しかし、これまで数字に無頓着でデータなんて取っていなかった。
 あるいはデータを取り始めたばかりで量が足りない社長も多いでしょう。

 こんな場合は、どうすればいいか。

 答えは、「データ量が溜まるのを待たずに、いま手元にあるデータで考える」です。

 スキル10の人が、いまデータを100持っています。
 1ヵ月待てばデータは500になります。
 ならば1ヵ月後のほうが正しい判断ができると思いますか?

 違います。

 スキル10の人は、データが倍になってもスキル10の判断しかできません。
 判断の結果が同じなら、データが溜まるのを待つ意味はない。
 まず、いま手元にあるデータで判断すればいい。

 スキル10では、最初は判断を間違えます。
 しかし、間違えた経験から学習して、スキルがほんのちょっと上がる。
 これを繰り返すうち1ヵ月後にはスキルが20になるかもしれない。

 そのころにはデータが500になっていて、豊富なデータを活かせるようになっているでしょう。

 世の中では、仮説検証のPDCA(Plan-Do-Check-Action)サイクルがもてはやされています。
 もちろん、何も考えない行き当たりばったりの経営より、仮説検証のほうが数段上です。

 しかし、多くの人は最初に仮説を立てる段階に時間をかけて、第一歩が遅れてしまう。
 ビジネスでは、その遅れが命取りになることもある。
 だから、まず「Do」から始める。
 理屈をこねるより、とにかくやってみることが優先です。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)