普段このエリアにあまり訪れることのないカップルにとって、浅草はショートトリップ気分が味わえる都内隋一のスポット。観光客気分を十分堪能したら、いっそその夜は泊まってしまうのはどうだろう。

港区や渋谷区からは絶対に見ることのできない夜景が浅草のホテルにはある!



こちらは浅草寺からほど近い『ワイアードホテル アサクサ』1001号室のバスルーム。窓からはスカイツリーを臨み、浅草寺や花やしきも見おろすロケーションだ

浅草のど真ん中に登場した、和モダンなデザインホテル
『ワイアードホテル アサクサ』

浅草寺から徒歩3分の場所に、大きな提灯をともすホテルがある。それこそ、昨年4月にオープンし話題を集めた『ワイアードホテル アサクサ』。

扉を抜けると従来のホテルロビーとはまるで違うミュージアムのような造りで、意外性は客室に入りさらに増す。



ここは『ワイアードカフェ』などを展開するカフェ・カンパニーが作ったホテルであり、同社のデザインチームが内装を担当。ポートランドの『ACE HOTEL』を手がけたクリエイティブチームの演出も館内の随所にある

浅草デートの相手が手練な大人の女性であっても、ペントハウスの1001号室なら間違いない。

ドアを開けると、そこはNYのデザインホテルのような内装。



1001号室(40屐砲蓮1泊1室¥50,000〜(税別 ※変動あり)

斜め天井は全面ガラス張りだし、ベッドはドバイの7ツ星ホテルでも使用されているスウェーデンのデュクシアーナ。それでいて細部はあくまでローカルだ。



1001号室にあるアートは、浅草をテーマにアーティストの西舘朋央氏に特注したもの

和紙の壁紙、江戸を描いた寄せ木のアート、ダルマのライトなど、職人やアーティストに特注した品々が部屋に“粋”を与えている。



画家の柏原晋平氏によるダルマが施されたライト

おまけにバスルームはスカイツリービューで、ガラス戸なため部屋と一体化しているのもにくい。

浅草の面白さは、この部屋に泊まって最高潮に達するはずだ。



1Fの『ZAKBARAN』には酒ソムリエが厳選した日本酒が揃う

【施設概要】
施設名:ワイアードホテル アサクサ
住所:台東区浅草2-16-2 浅草九倶楽部
TEL:03-5830-7931
料金:1室1泊¥13,000〜(税別 ※変動あり)


浅草からタクシーですぐのイケてるホテルはこの2軒!


2017年、浅草からタクシーで10分の場所にふたつのユニークなホテルが登場した。ラグジュアリーホテルにはない個性的な内装、サービスの面白さに注目!



1Fの『モクシー バー&ラウンジ』は24時間営業。関東各地のクラフトビールや、なんと多数のカップラーメンも売っている

日本初上陸のホテルで、ファミコン後に熟睡を!
『モクシー東京錦糸町』

浅草からタクシーで約10分


『モクシー・ホテル』は、マリオット・インターナショナルがミレニアル世代を主要ターゲットに2014年に作ったブランド。その東京版が、昨年11月に錦糸町にオープンした。

ホテルの個性は、入ってすぐに気がつくはずだ。スタッフの装いはユニクロのデニム&Tシャツで足元はコンバース。ロビーはなくバーラウンジでチェックインを済ます。そのラウンジにはテーブルサッカーやファミコン、ジェンガ等が置いてあり、デザインも小物も遊び心満載だ。



部屋は17〜20屬肇灰鵐僖トだけれど、バスタブやクローゼットを省いているため数字よりは広く感じる。シャワーはレインシャワー付

パブリックスペースを充実させているため、部屋の設備は必要最小限にとどめられている。ただしベッドにはシモンズ製マットレスを採用し寝心地は抜群。ラウンジで遊んだら、あとはベッドの時間!

【施設概要】
施設名:モクシー東京錦糸町
住所:墨田区江東橋3-4-2
TEL:03-5624-8801
料金:1室1泊¥15,000(税サ込 ※変動あり)




屋上からの眺めが圧巻!(15:00〜21:00 ※宿泊ゲスト限定)。浅草デートの合間にチェックインし、夕陽をここで見るのもあり

隈研吾がスカイツリーの隣にホテルを作った!
『ONE@Tokyo』

浅草からタクシーで約10分


東京スカイツリーの目の前に、ひと際個性的な外観のホテルが昨年7月にオープンした。

聞いて納得、その『ONE@Tokyo』なるホテルのデザインを監修したのは、世界的に著名な建築家・隈研吾氏。犲然素材と工業素材の調和〞をテーマに、客室の木材にはすべてナチュラルな木を使っているのが特徴だ。



ホテル内で一番広いアトリエスイート(58屐法スイートには100インチの大型スクリーンがあり、DVDを映すことができる

例えば芸術家のアトリエをイメージした爛▲肇螢 スイート〞では古木を、読書がテーマの爛薀ぅ屮薀蝓璽好ぁ璽〞では白木を効果的に使用。ともに木のぬくもりに溢れ、浅草デート帰りのふたりの心をいっそう穏やかにしてくれるはず。

また同ホテルはスマホ内のデータをテレビに映せるクロームキャストを導入。部屋でデジタル遊びに興じるのも、今どきのホテルの過ごし方だ。

【施設概要】
施設名:ONE@Tokyo
住所:墨田区押上1-19-3
TEL:03-5630-1193
料金:1室1泊¥10,600〜(税サ込 ※変動あり)