高い防水性能を持つiPhoneですが、近い将来、水中で充電できる日が訪れるかも知れません。Appleが防水対策を施したLightningを開発していることが分かりました。

変形可能な素材を利用

米国特許商標庁(USPTO)が新たに公開した特許によると、Appleが開発しているのは、ガスケットもしくはシールが施された電子デバイスのコネクターです。湿気などが内部に侵入するのを防ぐ作りになっており、画像からLightning端子であることも分かります。
 

 
興味深いのは、用いられている素材が「変形可能な」ものであるという点です。つまり、iPhoneのポートに端子を挿し込む際、素材がポートの隙間を埋めるようにして変形するというわけです。

防水アダプターで可能性が広がる?

すでに、Apple WatchやiPhoneシリーズといった電子デバイスが高い防水性能を誇っていることを思えば、アダプター側の防水にAppleが着手しようと考えるのも不思議ではないでしょう。
 
充電したままiPhoneを風呂に持ち込んで感電死するという事件が定期的に発生しますが、こういう技術が将来的に実現すれば、少しはそうした事故も防げるかも知れません。
 
また、水中でiPhoneを長時間使用するということも現実味を帯びてくるでしょう。Appleは以前より、「水中でも綺麗に写真を撮影できるソフトウェア」の特許や、ダイビング用とも思われる「気密性の高いケース」の特許などを取得しています。
 
 
Source:Patently Apple
(kihachi)

投稿 Apple、今度はLightningの防水に着手か は iPhone Mania に最初に表示されました。