画像提供:マイナビニュース

写真拡大

DMM.comは3月9日、「DMM.make」ブランドの新製品として、55型 / 65型の4K液晶ディスプレイを発表した。3月9日に65型を、3月20日に55型を発売する。価格(税別)は「DKS-4K55D」が73,800円、「DKS-4K65D」が138,000円。

○DKS-4K55D

「DKS-4K55D」は、2016年11月に同社が発売した50型4Kディスプレイ「DME-4K50D」の後継モデル。画面サイズを大型化したことでお買い得感が増している。ディスプレイは解像度3,840×2,160ドット(4K)のVAパネルを採用し、フレームレートは60p。

HDMIポートはHDCP 2.2に対応するほか、USBメモリなどに保存した画像や動画などを表示できるUSBポートも装備する。対応形式は静止画がjpgとpng、動画がmp4・mov・avi・FLVなど。

そのほか主な仕様は、視野角が上下左右とも178度、輝度が330cd/平方メートル、コントラスト比が3,000:1。映像入力インタフェースはHDMI 2.0×3、AV×1、YPBPr×1。10W+10Wのステレオスピーカーを搭載。本体サイズは約W1,241×D260×H767mm、重量は14.3kg(スタンド含む)。

○DKS-4K65D

「DKS-4K65D」は、2016年11月に同社が発売した65型モデルの後継機。本体サイズは約W1,462×D270×H889mm、重量は18.7kg(スタンド含む)。その他の仕様はほぼ共通。