君はプログラマーに向いているか? 「プログラミング言語かるた」がクラウドファンディングで期限前に目標達成

写真拡大

「プログラム」
コンピューターに命令を与えるモノ。
専用の言語を学び、記述することでコンピューターを動かすことできる。

話題のスマートスピーカーやロボットで使われているAIや、スマートフォンのアプリ、Webサービスに至るまで、プログラムが無ければ便利に利用することはできない。

現代社会の便利なサービスは、全てプログラムがあるから利用できると言ってもいいだろう。だからこそ、プログラムを書く職業プログラマーへの評価も高くなっており、子供へのプログラミング教育の需要と重要性が高まっているのだ。

しかし。プログラムやプログラムを書くプログラミングは、プログラム言語を選び、書き方と用語を学ばなければならない。

プログラミングを仕事にしていつ人や、学んでいる人なら、プログラム言語には、それぞれ特徴があることを知っている。

そんな、“あるある”とも言える特徴を読み札にする「プログラミング言語かるた」が、クラウドファンディングに登場した。
公開から3日弱ですでに目標金額に達成するほどの人気となっている。

●プログラム言語の特徴が読み札に
ゲームの内容は、一般的な「かるた」と同じだ。
言語の特徴が書かれた読み札を読み上げて、それに対応する言語名が書かれたカードを取り合うというもの。

さらに上級者なら、取り札を裏返しにしてみよう。
“Hello World!”を出力するコードのみが書かれているので、その特徴から言語を推測して札を取るなんて遊び方もできる。

「プログラミング言語かるた」が、取り扱っている言語は34種類。
馴染みのある言語から、マイナーな言語まで入っている。

「プログラミング言語かるた」の募集期間は4月3日までだが、早くもクラウドファンディングの目標金額である40万円を突破している。

リターンには、
・「プログラミング言語かるた」
・メイキングブック
・Tシャツ
なども用意されている。

プロジェクトのチームは、やましーさんと、しげさん。もともとは、「高専カンファレンス えぶりわん in Osaka」というイベントで、懇親会で楽しめるゲームのアイデアとして誕生した企画とのこと。

現在、クラウドファンディングと並行して、読み札のアイデアも募集中だ。新しく追加してほしい言語や、読み札の改善案がある場合には投稿してみてはいかがだろう。プログラミングが仕事だったり、興味があったりする人は、参加してはいかがだろう。