大森新地の料亭の名残(筆者撮影)

写真拡大

●丘の上の景勝地と海岸沿いの料亭街

 1872年、新橋−−横浜間に日本初の鉄道が敷かれた。そして早くも76年には京浜間最初の駅として大森駅ができている。大森駅の西、山王の天祖神社横の八景坂を上った一帯は、江戸時代、東京湾を見下ろす景勝地であり、広重も描いたほどであった。84年には坂の上に八景園がつくられた。

 八景園とは、実業家・久我邦太郎が八景坂上の畑や草原など1万坪を買い取って命名したものであり、50坪の大広間をもつ総萱葺きの家を建て、当時有名だった江東区の中村楼に料亭三宜楼を開業させ、皇后の来駕もあるほどだった。

 1889年になると東海道線が新橋から神戸まで全通し、住宅地、別荘地としての山王の人気はますます高まった。88年には山王に会員制の小銃射撃場ができ、1924年にはテニスコートも併設された。このテニスコートは今でも残っている。

 明治後半からは井上馨ら当時の政財界人の別邸ができ、山王の高級住宅地イメージができあがった。1906年には加納久宣 (子爵。鹿児島県知事)らが発起人となり社交クラブ「大森俱楽部」が創設された。加納家は将軍吉宗の側近として仕え、大名に取り立てられ、上総一宮藩主となった家柄であり、久宣の息子の久朗(ひさあきら)は千葉県知事、日本住宅公団初代総裁となった。

 このように山王の地は上流階級の一種のリゾート地として栄えていった。

 他方、大森の海側はどうだったか。1891年頃、古くから潮干狩りの場所として知られた八幡海岸(現在の大森北二丁目あたり)に海水浴場ができた。以後、現在の第一京浜東側に「魚栄」「松浅」「八幡楼」などの待合、料亭が次々と開店。芸妓屋「三輪家」が開業。日露戦争後には「鯉家」「日の出屋」「初鰹家」「立花家」などが続々と営業を開始した。料理屋、芸妓屋、砂風呂が相次いででき、三業地を形成した。なかでも93年に開業した料理屋「伊勢源」は日清戦争の景気で多いに繁昌した。

 また大森海岸のすぐ北側は大井海岸といい(品川区南大井2丁目あたり)、やはり三業地があって、後述する「小町園」などの料亭が栄えた。

●メロン、ヨットという名の芸者たち

 その他、大田区には、大森新地、穴守、蒲田新地、森ヶ崎にも二業地、三業地があってにぎわっていた。現在の大森南5丁目あたりの森ヶ崎では、1884年、干ばつに襲われたときに、水を求めて井戸を掘ると鉱泉が出た。そこで、91年に無料の公衆浴場ができ、同年に光遊館、盛平館、99年には養生館という旅館ができたのが発展の始まりである。この年、内務省衛生試験所によって鉱泉成分の分析が行われて医学上の効用が確認され、東京近郊の保養地、湯治場として人気を得た。

 さらに1915年、当時の大出版社、博文館の専属の車屋・小沼金次郎が森ヶ崎に旅館「大金」を開業。博文館の文芸誌「文章世界」の編集長・加能作次郎の紹介で、作家たちがしだいに「大金」に訪れるようになった。小沼は「文士たちを心の底から理解し、女中たちまで心得て、文士たちが執筆のため徹夜するというと、何をいわれなくても、夜食の用意をしてくれたというので、多くの文士たちが訪れ、長期滞在した」。芸妓の源氏名も独特で「メロン」とか「ヨット」といったものが多かったというから面白い(『大田区史』下巻、『大田区史 資料編 民俗』参照)。

●米兵相手の慰安施設

 戦後、大井海岸の料亭が歴史に残る存在になった。米軍の進駐に備え、日本政府が米兵の性欲処理のためにRAAをつくった。RAAとは、レクリエーション・アンド・アミューズメント・アソシエーションのことであり、要するに米兵を女性で慰安する組織だった。日本語では「特殊慰安施設協会」といった。特殊ということは、特殊浴場と同じで、ただの慰安ではない。性を売ったのだ。日本は江戸時代来、吉原を公的な売春施設としてきたが、戦後も国が一般女性の貞操を米兵から守るという理由でRAAをつくったのだ。その第1号が「小町園」だったのである。

 RAAは広告を打った。「新日本女性に告ぐ! 戦後処理の国家的緊急施設の一端として、駐屯軍慰安の大事業に参加する新日本女性の率先協力を求む! ダンサー及び女事務員募集。年令十八歳以上二十五歳まで。宿舎・被服・食糧全部支給」。敗戦後まもない8月23日のことである。
 
 焼け跡で仕事も食べ物もない女性たちがどんどん集まった。女性たちは新橋にあるRAA本部で、大事業とは売春であると知らされ仰天した。だが食うためには仕方なかった。

 米軍が上陸する8月27日までにRAAは1370人の女性を集めた。その9割は裸足でやってきたという。ほとんどが素人娘だった。女性たちのうちまず50人が小町園に送り込まれた。小町園の前には朝からすでに米兵のジープが行列をなしていた。

 開店すると、米兵たちが土足のまま障子やふすまを蹴破ってドッと上がり込んできた。米兵の巨体に驚いた女性も多かった。恐怖におびえながら、女性たちは米兵の相手を無我夢中でした。午後の閉店までに、ある女性は23人の相手をしていたという(猪野健治『東京闇市興亡史』参照)。

 このように、上流階級のための丘の上の景勝地と、海岸沿いの素人娘たちとの階級格差はあまりにも激しかった。料亭街のあった地域は、今は第一京浜沿いにマンションが建ち並ぶだけであり、往時のにぎわいも、女性たちの嘆きもなかったかのようである。
(文=三浦展/カルチャースタディーズ研究所代表)