「灯台に巨大な波が打ち寄せて大きな波しぶきが上がる」という自然の力を見せつける風景を撮影したあるカメラマンが、撮影した中のベストショットをSNSに投稿したところ「盗作ではないか?」という指摘を受けました。自らの潔白を証明しようと指摘された写真と自分の写真を見比べたカメラマンは、2枚の写真はミリ秒単位まで同じ瞬間に撮影されたまったく別の写真であることを知りました。

How Two Photographers Unknowingly Shot the Same Millisecond in Time

https://petapixel.com/2018/03/07/two-photographers-unknowingly-shot-millisecond-time/

写真家のロン・リスマンさんは、2018年3月3日にアメリカ・ニュージャージー州にある「Great Island Common」という公園に写真撮影に出かけました。リスマンさんによるとGreat Island Commonは夏はピクニックに、冬は海を眺めるのに最適な公園だそうです。

冬の嵐の中で波が荒れる海を撮影することに決めたリスマンさんは、キヤノンの5D Mark IVにシグマの150-600mmレンズを組み合わせて三脚にセットしました。なお、このサイズの望遠レンズを使うには風が強すぎたため、北風をさえぎるように大きな木の南東側にカメラをセットしたそうです。

カメラを向けて決定的瞬間をじっと待ったリスマンさんは、巨大な波が打ち寄せるのに合わせてシャッターを切りました。帰宅して撮影した写真を見直してベストショットを選んでFacebookにアップロードしたところ、たくさんの「いいね」がつくほど好評だったそうです。



しばらくするとリスマンさんの投稿に、「ニューイングランドの写真家エリック・ジェンドロンさんの写真を盗用したのではないか?」と指摘するコメントが寄せられました。以下の写真がジェンドロンさんの撮影した写真。色合いこそ違うものの、リスマンさんの写真と同じタイミングを同じ構図で切り取った同一の写真のように見えます。



確かに一見、同じ写真に見える写真を見せられて困惑したリスマンさんでしたが、幸いにも問題の写真のRAW画像データを持っているため、自分の写真が盗作ではないことを証明するのは容易でした。逆に自分の写真が盗用された可能性はないかを検証するために、リスマンさんは写真を拡大して比較することにしました。

この問題はすでにリスマンさんの地元の写真家たちの間でも話題になっており、2枚の写真の構図がわずかに違うことなどの指摘がされていたとのこと。例えば以下の拡大画の比較では、灯台にさえぎられている波の見え方や鉄柵の重なり方が違うのがよくわかります。



構図の違いなど別写真であることを示す材料は出ていましたが、2枚の元画像を比較するのが確実ということで、リスマンさんは見ず知らずのジェンドロンさんにコンタクトをとって、お互いに写真を共有することに成功しました。

Photoshopを使ってリスマンさんが2枚の元画像を比較検証する様子は以下のムービーで確認できます。

Lightning in a Bottle. How Two Photographers Unknowingly Captured the Same Millisecond in Time. on Vimeo

元画像を受け取ったリスマンさんは、Exifデータからジェンドロンさんも焦点距離600mmで撮影していたことや、別のカメラのキヤノンの60Dを使っていたことを知りました。露出や被写界深度もほぼ同じ設定でしたが、バーストモードのフレームレートはわずかに違うことも確認されたとのこと。そして、Exifデータからなんと撮影日時がミリ秒単位まで同一であることが判明。まったく同じ瞬間を切り取ったものであるというリスマンさんの直感は正しかったわけです。

リスマンさんとジェンドロンさんが撮影した場所は約28メートル離れた場所だったとのこと。強風対策でジェンドロンさんは小屋の横から撮影したそうです。



結局、2枚の写真はまったく別の場所から二人のカメラマンが偶然にも同じ瞬間を撮影したものだと判明したわけですが、同じ被写体をまったく同じ構図で撮ったためどちらかの盗用が疑われるケースはこれまでにもあったそうです。ただし、それらのケースは天体ショーのような特別なイベントで起こっており、比較的動きの少ない被写体が多いとのこと。「波しぶきが上がる灯台」のような日常的かつ動的な被写体をまったく同じ瞬間で切り取るというケースは極めてまれで、奇跡的な出来事と言ってよいレベルのようです。