アフリカデザイン雑貨の期間限定ショップがオープン!

写真拡大 (全2枚)


日本ではなかなか馴染みの少ないアフリカデザイン。アフリカデザイン雑貨の世界流通を目指す「Maki & Mpho」は、3月14日(水)〜20日(火)の期間、大丸梅田店1階にて期間限定ショップ「AFRICAN ART x DESIGN - アフリカ色のデザイン雑貨」をオープン。「リッチー・エブリデイ(ウガンダ)」「カンガルイ(ケニア)」「マキムポ(南アフリカ)」の3ブランドが集結する。


遊び心に溢れたアフリカン・プリントの「リッチー・エブリデイ」は、色鮮やかなハンドメイドアイテムが特徴。バッグやトラベルグッズなど、デザイン性と機能性を兼ね備えた商品をラインナップ。

「カンガルイ」は、東アフリカで見られる動物や自然をモチーフにしたカラフルでユニークでモダンなデザインが特長。日本生まれケニア育ちのアーティストRuiがケニアでのアメージングな人生経験をプリントに反映したInterior Decor & Accessoryブランドだ。

「マキムボ」は、モダンアフリカンアートと織物や和紙などに残る日本の伝統の技を融合したテキスタイル(柄、布)を含む、インテリア、ファッション雑貨ブランドだ。美しいデザインに秘められた、まだあまり知られていない文化、人、技の物語から得られる新しい発見を提供する。

平日17時以降・週末には、「リッチー・エブリデイ」の創業者である仲本千津氏、「カンガルイ」の創業デザイナー山下累氏がショップに常駐予定。アフリカデザインの魅力を楽しみながら、異文化を超えた新たな価値を感じ取ってみてはいかが。