画像提供:マイナビニュース

写真拡大

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりでも正しく理解していないことがあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、『iOS 11のコントロールセンターが開きにくいのですが?』という質問に答えます。

***

iPhone Xでは、コントロールセンターの開きかたが変わりました。以前は画面下部を上方向へフリックする操作で統一されていましたが、ホームボタンが廃止されたiPhone Xでは画面上部のメニューバー右端を下方向へフリックする方式へと変更されています。

そうなると、iPhoneの持ち手で画面を操作するスタイルの場合、コントロールセンターを開きにくくなります。画面サイズが大きいiPhone Xの場合、iPhoneを支える位置をずらさないかぎり、持ち手の親指でコントロールセンターを開くことはできません。片手でiPhoneを持ち、もう片方の手で画面をタップする操作スタイルであれば話は別ですが、混雑気味の電車内など両手で操作しにくい場面では困ってしまいます。

そんなとき活用したいのが、画面半分が下方向へずり下がる「簡易アクセス」です。ホームボタンのあるiPhoneでは画面下部から上方向へのフリックで動作しますが、ホームボタンがないiPhone Xでは画面下端の線(ホームインジケーター)あたりを軽く下方向へフリックします。

これで、持ち手の親指でもずり下がった画面の右上端あたりに届くようになります。ホーム画面を表示している場合、ホームインジケーターはドック(特定のアプリアイコンを表示しておくホーム画面下部の領域)とほぼ重なりますから、操作には多少の慣れが必要ですが、iPhoneの持ち手で画面を操作するスタイルでもコントロールセンターを開きやすくなります。

ホームインジケーターあたりを下方向へフリックしても簡易アクセスが機能しない場合には、『設定』→「一般」→「アクセシビリティ」の順に画面を開き、「簡易アクセス」スイッチが有効(緑色)になっていることを確認しましょう。