大阪ミナミでジャングル?ワニ肉も食べられる、心斎橋『jungle dining & bar KENZO』

写真拡大 (全29枚)

大阪を代表する繁華街「ミナミ」エリアに位置する心斎橋。おしゃれな若者が多く集い、大阪の雰囲気を満喫できる街のひとつです。

そんな心斎橋に、自然を200%満喫することができる話題性間違いなしのBarを見つけたので行ってきました。その名も『jungle dining & bar KENZO  』

ジャングルダイニング?果たしてどんなお店なのでしょうか。

心斎橋で話題性間違いなしのジャングルBarヘ

まずはお店までの道順をご案内します。

最寄駅は、大阪市営地下鉄・御堂筋線長堀鶴見緑地線が通る心斎橋駅。お店は心斎橋駅から徒歩3分の場所にあります。

今回は利用頻度が多い御堂筋線「心斎橋駅」からの行き方をご紹介します。

心斎橋の駅は、 大阪を代表する繁華街だけあって駅の構内は広大で、いくつも出口があります!お店までは、心斎橋地下街の「クリスタ長堀」経由で行くとスムーズです。

電車を降りたら、まずは改札の2番出口を目指しましょう。

改札を出る前に、一度エスカレーターを昇ります。

2番出口の改札を出ます。

改札を出たら、地下街「クリスタ長堀」直結しているのでそのまま真っ直ぐ進んで、南10出口から地上に出ます。

地上に出たら、ユニクロと薬局の間の道を堺筋方面に真っ直ぐ進みます。

ひたすら真っ直ぐ進みます。

曲がり角の右斜め前のコンビニを右手に、右折。

『jungle dining & bar KENZO  』に着きました。なんとお店一帯が緑に包まれています。これはインパクト大ですね!

早速、中に入ってみましょう。

階段も緑に包まています!この階段を降りると店内の入口にたどり着きます。これはまるでサバイバルですね。足元に気をつけて降りていきましょう。

店内に入ると木のテーブルや椅子、人工芝のお座敷など、ジャングルをまるごと貸切ったような空間が広がっており、思わず圧倒されてしまいました。おいしい空気が吸えそうな自然溢れる雰囲気は、もはや非現実的世界です。

カウンターにはなんとブランコ?!ブランコに揺られながらお酒を飲むことができるのでしょうか。斬新すぎて驚きの連続です。店内をきょろきょろしていると・・・。

「いらっしゃいませ、何名様でしょうか」。

蛇と戯れる男性登場。この男性こそがこのジャングルBarを作ったオーナー・形山健治さんです。
ちなみに蛇は「ヘビゾー」という名前で、お店の看板蛇として人気だそうです。

以前からjungle barを経営していましたが、よりジャングルに近づけるために進化させた結果、今のようなjungle Barにたどり着いたそうです。

ジャングルの中で、雰囲気に合ったお酒と料理を堪能できるように、壁一帯の緑から、店内のテーブルや椅子、ブランコまで全てにこだわったそう。

そして店名の『jungle dining & bar KENZO  』KENZOは、形山さんのあだ名から付けられたそうです。

とてもフレンドリーなオーナーさんのお話をお聞きできたところで、早速料理をいただくとしましょう。

席に案内されたテーブルのお皿や箸まで木製。食器までかなりの凝りようです。

ビールやカクテル、ワインなどアルコールは200種類以上!

まずはお酒から。なんとアルコールは200種類以上揃っているのだとか。

「アサヒスーパードライ」580円(税抜)

「フルーツ缶詰カクテル」 980円(税抜)

その中で一番オススメのフルーツ缶詰カクテルを注文してみました。こちらはパインの缶詰の中身と缶をそのまま使用しているのだそう。缶詰のパインをミキサーで混ぜ合わせ、コロナビールの瓶を逆さまに入れた、見た目も味も斬新なカクテルです。

瓶を入れたままストローで吸って飲みます。瓶を少しずつ引くと中のビールが缶の中に追加され、少しづつ飲むスタイル。パインのジューシーな甘みとコロナのビールの相性が抜群!ぜひ一度飲んでみてください。

酸味と甘みが融合された見た目もかわいいサラダ

次にアボカドとサーモンのサラダを注文してみました。なんと卵の殻に入って出てきました!見た目がなんとも愛らしいこの殻はダチョウの卵を使っているのだそう。卵の殻の入れ物は、個数が少ないため数量限定ですが、希望すれば提供してくださいます。

サラダはドレッシングとソースにこだわっており、たっぷりのレタスとトマトとアボカドをレモンドレッシングで和えています。さらに隠し味に塩麹を入れているので、さっぱりとしながら甘みを感じることができます。

看板メニューの様々なワニ料理を味わえる

次に、ジャングルらしい料理をチョイスしたくなり、ワニの唐揚げを注文してみました。テーブルに運ばれてきた時から香ばしい香りがして食欲を刺激されます。

ところで、ワニって食べたことありますか?実は、ワニ肉は低脂肪・低カロリーでヘルシー、そして高たんぱくで上質のコラーゲンが含まれているのだそう。

肝心の味は、まるで鶏のササミに似た食感が印象的で、とても食べやすいです。唐揚げは生姜で味付けがしてあって香ばしく、ビールはもちろん、先に紹介したフルーツ缶詰カクテルと相性抜群!ぜひ合わせてみてください。

絶品すぎて、あっという間に完食してしまいました。

インパクト抜群!鶏肉よりも低カロリーで高タンパクなワニの手羽焼き

ワニの唐揚げが美味しすぎて、次もワニ肉を注文しました。見た目が衝撃的なワニの手羽焼きは、お店の人気メニュー。ナイフでカットしながらいただくスタイルです。

慣れないようでしたら店員さんがカットしてくださるので相談してみてはいかがでしょうか。

Small、Medium、Largeと3サイズあって、写真は2〜3人で食べるのにオススメのMediumです。

こちらは、唐揚げと違って塩と胡椒でシンプルに味付けしてあるので、さっぱりと食べられました。肉質に弾力がありしっかりとした食感を味わうことができます。

とても食べやすいのでぜひ一度チャレンジしてみてください。

ココナッツ容器がキュートなタコライス

シメでタコライスを注文してみました。店員さんが運んできてくださったのは・・・。

大きいココナッツ容器。この容器はバリから仕入れたもので、こちらもオーナーさんのアイデア。それにしてもデカイ、デカすぎる!

パカっとフタを開けると、中にはタコライスが入っております。この容器で食べるとまるで原始人になったかのような気分になれます。

スパイスが効いて甘めの味付けタコミートが食欲をそそります。ライスの量も結構あり、食べ応えがあるので、大勢でシェアして食べてもいいですね。こちらの容器も個数限定ですので、在庫がない場合はお皿での提供になります。

女性に人気!りんごを丸ごと使用したりんごプリン

豊富な種類のデザートの中で、丸ごとリンゴブリュレを注文しました。こちらはりんごの中身をくり抜いて作ったりんごプリンです。女性は特にプリン大好きですよね。

くり抜いたりんごは細かく刻んでコンポートに。とろっとしたブリュレとりんご果肉の食感が楽しく、そして甘みがたまらないです。KENZOと書かれたプレートクッキーがアクセントになりまます。

ランチから翌朝まで、どんなシーンでもオススメのジャングルBar

お店は、ランチ・ディナー・深夜・朝方、様々な時間帯で楽しむことができます。

カラオケやTVモニターも完備しているので、予約をしてジャングルの異空間で宴会、女子会もオススメです。ここでしか食べれないこだわりの料理と自然を大阪ミナミで満喫してみませんか。

jungle dining & bar KENZO 住 所大阪府大阪市中央区東心斎橋1-19-1 OXYビルB1 電 話06-7708-7811

jungle dining & bar KENZO
大阪府 大阪市中央区 東心斎橋
ダイニングバー