コリアハウス(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】9日開幕の平昌冬季パラリンピックの期間中、韓国情報の発信や選手支援の拠点として運営される「コリアハウス」が10日、氷上競技会場が集まる江陵オリンピックパークにオープンする。

 コリアハウスは1階が韓国PRエリアとメダリストの記者会見場になっており、PRエリアでは韓国観光情報の展示を見たりK―POPをはじめとする韓国文化を体験したりできる。2階には放送スタジオ、3階には選手の休憩用ラウンジなどがある。

 コリアハウスは先月の平昌冬季五輪の期間中も運営された。