JR西日本が国内初「メガホンヤク」を導入

写真拡大

 JR西日本は3月9日、訪日外国人の利用が多い駅に、パナソニック製のメガホン型多言語音声翻訳サービス「メガホンヤク」のソフトウェアをタブレット端末「TOUGHPAD」に搭載して駅構内の放送設備に接続した「多言語音声翻訳放送システム」の導入を発表した。このシステムによって、駅のコンコースやホームであらかじめ登録した英語や中国語、韓国語の案内を放送できるようになる。

 対象駅は、京都駅、西九条駅、ユニバーサルシティ駅、天王寺駅、姫路駅で、3月30日に利用を開始。今後、整備駅を順次拡大する予定だ。メガホンヤクを搭載したTOUGHPADで駅のコンコースやホームで行うのは、「列車案内」「のりば案内」「のりかえ案内」など平常時の案内に加えて、「遅れ案内」「運転見合せ案内」「運転取りやめ案内」「のりば変更案内」など異常時の案内。駅利用時の注意喚起も行う。JR西日本では、訪日外国人の受入態勢を充実させる観点から、外国人案内スタッフの配置、iPad通訳サービスや多言語車内放送サービスの導入などを進めている。今回の取り組みは、その一環。