今後は乳がん検査の苦痛もなくなるかも。(乳房専用PET装置「Elmammo Avant Class」)

写真拡大

■月経中は子宮頸がん検診の精度が落ちる

女性にまつわる健康診断のポイントについて、ドクタートラストの保健師である川添春菜さんに話を聞いた。

まず、受診前の注意事項。「理想は食後10時間空けてほしい」と川添さん。これは食事の影響で中性脂肪と空腹時血糖の値が高く出るため。同様に、飲酒も肝機能、尿酸、中性脂肪、空腹時血糖の値に影響するそう。

また、問診票には正確に答えること。治療中の病気や既往症、アレルギーの有無はもちろん、レントゲン検査があるため妊娠の可能性が少しでもある場合は、きちんと申告しよう。受診時期は、可能であれば月経後に。月経前は、乳がん検診のマンモグラフィー(乳房X線検査)で痛みを伴うことがあり、また、月経中は子宮頸(けい)がん検診の精度が落ちるからだ。

では、年代別に見つかりやすい所見は? 「20〜30代では甲状腺異常(バセドー病)、子宮頸がん、子宮筋腫、子宮内膜症、貧血。40〜50代では乳がん、子宮体がん、卵巣がん、骨粗しょう症。60代以降では骨粗しょう症、女性ホルモンであるエストロゲン減少による動脈硬化が多い」と川添さん。そのほか、甲状腺ホルモン値の測定や、子宮内膜症などの婦人科系疾患や子宮体がんを見つける手がかりになる血液検査による腫瘍マーカー(CA-125、CA19-9)の検査、骨密度検査をオプションで受けるのもよいそう。

将来、妊娠を希望する人は、ブライダルチェックを受けるのも◎。子宮・卵巣検査、感染症などを調べる検査内容になっている。「妊娠に影響する風疹、ムンプス、トキソプラズマの抗体価も調べておけばより安心です」

■20〜30代はマンモグラフィーより乳腺エコー

さて、女性特有の病気である子宮がんや乳がんの検診は、いつから、どのくらいの頻度で受けるべきだろうか。

「子宮がんの7割を占める子宮頸がんの細胞診は、20代後半から2年に1回が目安です。医師が子宮粘膜の細胞を採取する方法と自分で採取する方法がありますが、自分では採取・保管方法の不備もありうるので、なるべく医師採取を選択してください」。なお、HPVというウイルスの感染が子宮頸がんの発症につながることがわかっているため、HPV感染の有無の検診を併用するのも有効だ。

乳がん検診のマンモグラフィーは、「40歳以上で2年に1回の受診が望ましい」。20〜30代では、マンモグラフィーを受けてもがんが乳腺組織に隠れて見えないことが多く、被ばくのリスクのほうが高い。心配なら、「20〜30代は乳腺エコー(乳腺超音波検査)がよいでしょう」。40代以上もエコーとマンモグラフィーの併用がよいという。

マンモグラフィーといえば、「痛みを伴う検査」で知られているが、圧迫の痛みを取り除く検査装置の開発も進んでいる。2017年9月、島津製作所はうつぶせになって乳房をホールに入れるだけで検査を受けられる乳房専用PET装置「Elmammo Avant Class」を発売した。日立製作所でも、360度から超音波を照射する乳がん検診装置の20年の運用を目指している。今後乳がん検診のハードルは下がっていきそう!

健康診断の結果は、各項目が健康の目安である「基準値」の範囲内か確認する。「要受診」「要再検査」「要精密検査」の場合は必ず指示に従おう。毎年結果を保存して経年変化をチェックすることも大切だ。健康な体があってこそのキャリア。1年1回の受診を心がけたい。

(奥田 由意)