画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ライカカメラジャパンは3月8日、35mmのフルサイズセンサーを搭載したレンジファインダー式デジタルカメラ「ライカM モノクローム(Typ 246)」の特別限定モデル「ライカ M モノクローム(Typ 246)‘Stealth Edition’」を発表した。著名なファッションデザイナーが外観のデザインを手がけ、マットな仕上げのブラック塗装を採用したのが特徴。カメラやレンズの刻印部分には蓄光塗料が塗布され、暗闇でも確認できるようにした。「ライカ ズミクロン M f2/35mm ASPH.」がセットになったモデルのみ用意し、価格は税別2,000,000円。販売台数は世界で125セット限定。

デザインは、ニューヨークを拠点とするファッションブランド「rag & bone」の創設者兼オーナーであるマーカス・ウェインライト(Marcus Wainwright) が担当した。オリジナルのライカ M モノクローム(Typ 246)の控えめで目立たないという特徴をさらに強めるため、可能な限り黒いカラーリングを採用した。塗装は、耐傷性にも優れたブラックのマット仕上げで、真っ黒なフルグレインの牛革を張り革として組み合わせた。

黒を強調したカラーリングとのコントラストをなす要素として、カメラ本体とレンズの刻印部分に蓄光塗料を塗布し、暗い場所でも絞り値の設定ができるようにした。

外観以外は、オリジナルのライカ M モノクローム(Typ 246)やライカ ズミクロン M f2/35mm ASPH.と同じ。販売台数は世界で125セットのみとなり、すべてに特別なシリアルナンバーが記されている。