トランプ氏(右)と話す鄭氏(青瓦台提供)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は5〜6日に平壌を訪問した韓国の特使団に「トランプ米大統領と会って話し合いをすれば、大きな成果を出せる」と発言していたことが分かった。

 青瓦台(大統領府)の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官によると、特使団の団長を務めた青瓦台の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長(閣僚級)は9日午前(日本時間)、ホワイトハウスで行われたトランプ氏との面会で、こうした内容を伝えた。

 鄭氏はまた、トランプ氏に「金委員長は率直に話をするし、誠意を感じた。過去の過ちを繰り返してはならないが、金委員長に対するわれわれの判断を受け入れ、今回のチャンスを逃さないでほしい」と呼びかけたという。