エム・シー・エム・ジャパン株式会社は、3月9日、深センGPD Technologyのゲーマー向けの超小型WindowsPC「GPD WIN2」の発売を決定。3月14日より予約受付を開始すると発表した。価格は先行して発売を発表していた株式会社天空より千円安い78,800円(税抜)。製品の出荷は6月の予定だ。

同製品は、香港の携帯機メーカーGPDがクラウドファウンディングで商品化を実現させたウルトラモバイルPCだ。テレビやコンピュータの前でしかプレイできなかった超大作FPSなどのPCゲームを、ポータブルハンドヘルドで快適にプレイできる携帯ゲーム機として開発されており、初代「GPD WIN」は日本でも大人気となった。

「GPD WIN2」では、初代の難点とされていた性能と放熱の問題を高次元で解決し、外観デザインも刷新。液晶を5.5インチから6インチへと大型化している。

エム・シー・エム・ジャパン株式会社の直営web shop「PLUS ONE dot SHOP」では、「GPD WIN2」の先行予約受付に際して、魅力的な特典を用意している。先着50名には切手サイズのSSD「KITTE ストレージ」(容量128GB)を進呈。別途購入するとしたら14,800円の商品だ。残念ながら先着50名に間に合わなかった人にも、空気で膨らませて使うLEDソーラーランタン「MPOWERD EMRG」(2,300円相当)が用意されている。先行予約受付期間は、3月14日(水)〜4月16日(月)まで。


切手サイズのSSD「KITTE ストレージ」


空気で膨らませて使うLEDソーラーランタン「MPOWERD EMRG」

エム・シー・エム・ジャパン株式会社
URL:http://www.mcmjapan.info/gpd_win2
2018/03/09