【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)は9日、韓国高官が北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の親書をトランプ米大統領に伝えたとの報道について、「親書はなかった」と否定した。

 訪米中の青瓦台の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長(閣僚級)らは8日午後(日本時間9日午前)、ホワイトハウスでのトランプ氏との面談で、トランプ大統領と早期に会うことを望むとの金委員長のメッセージを口頭で伝えたという。

 鄭氏らは文在寅(ムン・ジェイン)大統領の特使として5〜6日に平壌を訪問し、金委員長と会談。一度韓国に帰国した後、8日に米国入りし、トランプ氏に訪朝結果を説明した。