画像提供:マイナビニュース

写真拡大

Microsoftは2018年3月8日(現地日時)、Visual Studio Codeをバージョン1.21(2018年2月)に更新した。公式ブログによると、拡張機能「Python Extension for Visual Studio Code」をインストールすることで、依存関係管理ツールの「Pipenv」や、Pythonのバージョンを切り替える「Pyenv」が利用可能になる。

Pipenvは開発時に仮想環境管理に用いることが多く、多様なプロジェクトに携わるPython開発には人気のパッケージだ。Visual Studio Code上からPipenvを利用して環境を変更し、Pyenvはインストール済みPython各バージョンをインタプリタとして指定できる。

また、PyDevDをベースにしたデバッグエンジンを搭載した「Ptvsd 4.0.0-alpha」を実験的にサポートし、Pythonコードのリモートデバッグ環境を強化した。サポート済み機能として、アプリケーションの起動、一時停止/継続、基本的なブレークポイントとステップイン/イン/アウト、例外時ブレーク、コールスタックフレームの表示/変更、ローカル変数とグローバル変数の表示、条件付きブレークポイントがある。詳しい変更点はChangelogを参照してほしい。

阿久津良和(Cactus)