画像提供:マイナビニュース

写真拡大

SAPジャパンは3月8日、通信企業向けのアクセラレーターパッケージ「SAP Leonardo for Telecommunications」を提供開始すると発表した。

SAP Leonardoの業種別アクセラレーターパッケージでは、特定のユースケースに対応するためにSAPソフトウェアとデザイン思考手法を事前に統合し、ソフトウェアとサービスを固定価格で提供するもの。

今回発表された「SAP Leonardo for Telecommunications」は、SAPの業種別専門知識に基づいて、通信事業者が次世代のビジネスプロセスのブループリントを迅速に定義することに特化したソフトウェアを事前にパッケージ化されている。

具体的には、高度なアナリティクスと機械学習を備え、SAP Cloud Platform上に構築された業種別ソリューション「SAP Big Data Margin Assurance」が含まれており、通信事業者は収益の向上とコストの削減のためにデータをより効果的に利用できる。

アクセラレーターによって、通信企業はユーザー1人当たりの平均売上金額(ARPU)に基づくビジネスモデルから、ユーザー1人当たりの個別マージン(IMPU)に基づくビジネスモデルへと進化し、収益性を重視したビジネス運営可能になるとしている。