約12億円で落札された黒田家伝来の油滴天目茶碗。クリスティーズのウェブサイトより。

写真拡大

茶道具はどうして高額なのか。2016年には「油滴天目」という茶碗が約12億円で落札された。ヴァイオリニストが高額な楽器を使うのは、最高の響きを提供するためだろう。だがどれだけ高額な茶碗を使っても、味は変わらないはずだ。なぜ達人は「100円の茶碗」を選ばないのか。大日本茶道学会の田中仙堂会長が解説する――。

■室町時代末期には「評価額」があった

2016年、クリスティーズの開いたオークションで、「油滴天目茶碗(ゆてきてんもくちゃわん)」が約12億円(1170万ドル)という高額で落札されたことが話題になった。

なぜ、ただの茶碗が12億円もするのか。それはこの茶碗のもつ歴史が関係している。

油滴天目の歴史は古い。制作されたのは12世紀から13世紀ごろだとみられている。室町時代八代将軍義政に仕えた能阿弥(1397〜1471)を作者と伝える座敷飾りのマニュアル『君臺観左右帳記』には、すでに「五千疋」という価格が記されている。

疋(ひき)とは、金の貨幣単位で、100疋=1貫文と換算される。1貫文は、現在の価値で10万円程度だといわれているので、5000疋=50貫文=500万円ということになろうか。貨幣価値は時代によって大きく変わる。あくまで目安ということでご容赦願いたい。

重要な点は、室町時代末期には「評価額」があったということである。このマニュアルには、ほかの茶道具についても評価額が記されている。高額な順にならべると、曜変(1萬疋=1000万円)、油滴(5千疋=500万円)、建盞(3千疋=300万円)、鼈盞(1千疋=100万円)、烏盞(代やすし)、能盞(代やすし)といった具合である。

■千利休の登場まで、茶碗は座敷飾りの道具だった

ただし、この『君台観左右帳記』の評価額は、現代にまっすぐ受け継がれているとはいえない。その後、大きな価値の転倒が起きたからである。価値の転倒を起こしたのは、現代の茶道を始祖である千利休だ。

千利休が登場するまで、茶碗は座敷飾りの道具だった。床の間の脇の違い棚におかれてディスプレイされた状態、つまり真横から見て映えるものが高い評価を得てきたと思われる。

油滴天目も、油の滴(しずく)との命名のとおり、黒地に銀色に輝く斑紋が浮かび上がる。天目形のシルエットともに、それを宝石のように美しいと、誰にでも思ってもらえるのではないだろうか。

ところが、千利休の名前が茶会記に登場したころから、茶会で亭主が自ら茶を点(た)てて客をもてなすことに重きがおかれるようになる。茶碗は座敷飾りではなく、実際に茶を点てる視点から評価されるようになった。下が小さくつぼまったラッバ状では、横から見た時のシルエットは美しくても、茶は点てにくい。また、これから飲もうとする茶碗が魅惑的にきらめいていたり、お茶を飲んだら、きらめきが現れたりするのはどうなのだろう。なによりも、茶碗の中に、茶筅(ちゃせん)を入れて大きく動かして、茶を点てることで、茶碗を痛めてしまってはいけないと考えたのかもしれない。

そこで、マニュアルでは軽視されていた「灰被(はいかつぎ)」が、お茶を点てるに適した天目として、脚光を浴び、曜変、油滴は、茶会からは縁遠くなってしまった。

■「黒田家伝来」で「安宅コレクション」なら銘品間違いなし

江戸時代に入ると、将軍や大名が、訪問儀礼の中に茶会を取り込む中で、座敷飾りの茶が復活する。室町時代の価値観が復活したのである。なにしろ、室町将軍家も、徳川将軍家もどちらも「幕府」を開いたのだから、利休が何と言おうと再び室町時代の在り方が是とされても無理はないとご理解いただきたい。

12億円で落札された「油滴天目茶碗」は、黒田家と安宅家の伝来とのことである。焼物好きであれば、黒田家の伝来とは52万3000石の福岡藩の歴代藩主の所蔵品。そして安宅家の伝来とは、安宅産業の二代目・安宅英一氏の残した「安宅コレクション」ではないかと考える。

安宅コレクションとは、英一氏が社業の傍ら心血を注いで集めた東洋陶磁のコレクションで、20数年間で70億円以上を費やしたと言われている。だが安宅産業は石油ショックの余波で経営破綻に追い込まれ、1977年に伊藤忠商事に吸収合併されている。コレクションの一部は大阪市に寄贈され、そのために建設された大阪市立東洋陶磁美術館に収蔵されている。

こうした経緯を踏まえれば、現物を見る前から「これは、とてつもなく素晴らしいものに違いない」と考えるのは不思議ではない。落札者は「ぜひとも手に入れたい」との思いが募ったのではないだろうか。

■なぜ茶道の達人は、100円の茶碗で茶を点てないのか

「なぜ茶道の達人は、100円の茶碗で茶を点てないのか」と聞かれたことがある。これには「茶道の達人が茶を点てれば、その茶碗は100円では済まなくなる」と答えた。千利休は、新しく焼かせた茶碗を茶会に使用した。その値段は、従来の天目に比べれば、どうしようもなく安いものであっただろう。

しかし、千利休は、茶を点てるにふさわしい茶碗としてそれを提供したのである。大切なのは、値段ではなく、それは茶にふさわしいかどうかという視点なのである。

茶道をはじめるにあたって、必ずしも高価な茶碗を手に入れる必要はない。カフェオレ・カップでも、スープボウルでも、お茶が点てられるのであれば用は足りる。だが、それは客をもてなす道具として十分なのか。なぜあなたはカフェオレ・カップで茶を点てようと思ったのか。その点が問われることになる。

これを文化的な価値の尺度といっても良い。

■12億円の落札価格は「法外な値段」か

一方、あの名人利休が使ったのだから、これは良い茶碗に違いないと考えて、「ぜひとも手に入れたい」と高い値段を払う人が出現することで、経済的な価値は高まっていく。油滴天目の価格が形成される過程には、これに似たプロセスも作用している。

大切なことは、値段という経済的な尺度とは別に、文化的な尺度が存在し、二つの物差しは一致する時もあれば、必ずしも一致しない時もあると考えることだろう。そして文化的な尺度とは、自分の中に形成された価値観に依存しているものなのである。

油滴天目に話を戻せば、12億円の落札価格を「法外な値段」と思う人がいるのは、それに見合った文化的な価値を共有していないからだろう。

何も、その価値観を自らのものとして共有する必要はないが、そのような価値観があるということを知るのは、異文化理解の練習として役に立つはずである。

----------

田中 仙堂(たなか・せんどう)
大日本茶道学会会長
1958年、東京都生まれ。本名・秀隆(ひでたか)。東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得。現在、大日本茶道学会会長。前会長で学術文庫『茶道の美学』の著者、田中仙翁は父。『茶道改良論』の田中仙樵は曽祖父。日大芸術学部、慶応義塾大学、東京大学、お茶の水女子大学、学習院女子大学、青山学院大学の非常勤講師を歴任。著書に『岡倉天心「茶の本」をよむ』『茶の湯名言集』『近代茶道の歴史社会学』『お茶はあこがれ』などがある。

----------

(大日本茶道学会会長 田中 仙堂)