モバイルOSのロイヤルティー調査の結果、Android OSのロイヤルティーがiOSを超えていることがわかりました。

Androidのロイヤルティーは90%超え

Apple製品ユーザーのロイヤルティーの高さはよく知られていますが、調査会社Consumer Intelligence Research Partners(CIRP)が発表した最新調査結果から、2014年の中盤以降、AndroidユーザーのロイヤルティーがiOSユーザーのロイヤルティーを上回っていることが明らかになりました。
 
CIRPによれば、AndroidとiOSのロイヤルティーは2016年初頭からほぼ変化しておらず、高い水準を維持しています。特にAndroidについては平均91%と、iOSの86%を超える数字となっています。
 
2016年1月から2017年12月にかけてのAndroidのロイヤルティーは89〜91%、一方iOSは85〜88%で推移しています。
 

絶対数ではAndroidからiOSへの切り替えのほうが多い

CIRPのパートナー兼共同創業者のジョシュ・ロイツ氏は、Androidユーザーのほうがロイヤルティーがやや高い理由について、使えるアプリや音楽、ビデオが多いこと、またAndroidデバイスの選択肢が多いことを挙げています。
 
ただしCIRPの調査の対象となっているのはわずか500人と、非常に少ない点に注意が必要です。
 
またロイツ氏は、Androidのほうがユーザー数が多いこともあり、「iOSからAndroidへ切り替えるユーザー数よりも、AndroidからiOSへ切り替えるユーザー数のほうが多い」とも述べています。つまり絶対数で見ると、iOSが獲得した元Androidユーザー数のほうが、Androidが獲得した元iOSユーザー数を上回っているということです。

 
 
Source:CIRP(PDF) via 9to5Mac

Photo:Pixabay
(lunatic)

投稿 Android、ユーザーロイヤルティー調査でiOSを上回る は iPhone Mania に最初に表示されました。