あったかもしれない人生――。これまで続いてきた人生を見つめ直し、いったんリセットしたくなるときがある。新しい人生を始めるのは勇気がいるし、不安もある。でも、せっかくなら違った人生を経験するのもいいんじゃないか。

 新たな人生を始めるためには、一度天国に昇り、神に近づかなくてはならない。クラシックには、精神が高揚する瞬間を捉え、天に昇る感覚を生み、神の世界を表現した曲がたくさんある。

 「このまま一本道の人生でいいだろうか」と迷う人、いままさに新しい人生の扉を開こうとしている人。天国に昇る感覚を体験させてくれるお薦めのクラシック音楽を前回に続いて名盤とともに紹介しよう。

前回の記事はこちら
天国に昇る感覚を体験できるクラシック音楽9選 上
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/52499

 残りの5曲は、神々の世界を重厚長大なオペラで描いたワーグナーの楽曲の紹介から始めたい。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

ワーグナー 「トリスタンとイゾルデ」より「前奏曲と愛の死」


ジュゼッペ・シノーポリ指揮
ドレスデン国立歌劇場管弦楽団、シェリル・スチューダー(ソプラノ独唱)


 前回取り上げたショスタコーヴィチ交響曲第15番の引用元の一つであるワーグナーはどうだろう。十数時間もかかる壮大なオペラを残したことで知られる作曲家だが、ここでは入門編として「トリスタンとイゾルデ」の中でもしばしばオーケストラコンサートで組み合わせて取り上げられる「前奏曲と愛の死」をお薦めしたい。両曲を合わせても十数分。「愛の死」はオペラの終曲でもあり、この2曲には壮大な内容が凝縮されている。

 この曲は、20世紀に始まった無調音楽の走りと言われることがある。厳密にいえば同じ旋律が目まぐるしく展開し、たとえばハ長調などと調を特定できない。このため、それまでのクラシック音楽の根本にあった調性の概念を激しく揺さぶり、新しい世界を提示したのである。調はどんどん展開し、上に昇り続ける。行く先にあるのは愛の極みなのか人生の極みなのか。最後に演奏される「愛の死」はソプラノ独唱が極めて美しい。言葉から想像される死の悲哀はそこにはなく、むしろ幸福感に身を包まれて終わる。

フォーレ 「レクイエム」より第4曲「ピエ・イェズ」


ミッシェル・コルボ指揮
ベルン交響楽団


 天上に昇る感覚を生む音楽の王道は「レクイエム」だろう。かつて「鎮魂曲」と訳されることもあったほどで、死者の魂を天上の世界に送り出すことを目的に書かれたともいえる。モーツァルトやヴェルディなどたくさんの作曲家が手がけており、キリスト教音楽の柱でもある。

 その中でフォーレを取り上げるのは、この作曲家が宇宙を漂うような独自の語法を駆使して多くの曲を作ったことと無縁ではない。特に清らかさを感じさせるのが第4曲目の「ピエ・イェズ」のソプラノ歌手の独唱だ。

 実は筆者は日曜ヴァイオリニストを名乗るアマチュアの器楽奏者なのだが、ずいぶん以前、ある女子高の合唱団がこの曲を演奏する際に臨時編成のオーケストラに参加し、コンサートマスターを務めたことがあった。ソプラノの独唱はその合唱団の女子学生だった。そこで聴いたのは、それまでに経験したことのなかった清らかな響きだった。プロのソプラノ歌手に比べると声は細く表現の豊かさの手助けをするヴィヴラートも少ない。しかし飾らない美しさと細い声ゆえの透明感が醸し出した、間違いなく天上に連れて行ってくれる響きがあったのである。「清純」という言葉はこんなところで使うべきなのではないかと思ったほどだ。

 西洋絵画の歴史の中では、キリスト教の天使はしばしば子どもの姿で描かれる。明らかにその理由と通じる無垢さが、女子高生が歌うフォーレにもあった。フォーレのソプラノ独唱は、まさに天使を表現したと合点できるできごとだった。ここに紹介するのはいくぶん古い録音になるが、指揮者のミッシェル・コルボはこの独唱をボーイ・ソプラノに歌わせた演奏を残している。おそらくは天使の響きをそこに感じたからだろう。

シューベルト 「未完成交響曲」第2楽章


カール・ベーム指揮
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団


 あまりにも有名なこの交響曲、シューベルトはなぜ完成できなかったのだろうか。第3楽章の旋律の一部までは「スケッチ」として五線譜に残されており、おそらくは第4楽章まで書く意思を持っていたと想像できる。

 未完成に終わった理由としてここで挙げたい仮説は、「第2楽章があまりにも美しかったから」。チェロとコントラバスのユニゾンによるまるで死の迎えを表したような序奏で始まり、オーボエとフルートのやはりユニゾンが奏でる、えもいわれぬ音色で聴こえてくる物寂しいテーマがまず心から離れないインパクトを持つ第1楽章が有名なのが「未完成」という曲だ。

 通常こうした交響曲は、楽章が進むとテンポや拍子を変えて変化をつけることが多いが、この曲の第2楽章ではテンポはほとんど変わらず、拍子は同じ8分の6である。唯一変わるのは、短調から長調に転じること。それが類まれな幸福感を生むのである。途中曲調が激しくなるところはあるが、決してテンポは早くならない。シューベルト特有の美しい旋律が随所で魅了し、また落ち着いた空気を取り戻す。特にホルンの音が、神の世界の響きに聴こえるので耳を澄ませてみるといいのではないだろうか。

ホルスト 組曲「惑星」より「海王星」


ズービン・メータ指揮
ロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団


 冥王星が発見される前にイギリスの作曲家ホルストが太陽系のそれぞれの惑星(地球は入っていない)をテーマに書いた組曲「惑星」は、平原綾香が「Jupiter」というタイトルで歌詞をつけて歌った「木星」が有名だ(ホルストの「木星」も「ジュピター」という別名を持つ)。快楽の神をテーマにしたこの曲では、まず「スター・ウォーズ」のような宇宙映画で使われても違和感がなさそうな華やかでスペクタクルな響きにわくわくする。そして中間部の、どちらかといえば女神が奏でそうなやさしさに満ちたメロディーには、平原綾香の歌を聴くまでもなく身を委ねたくなる。

 「惑星」は曲ごとにキャラクターを書き分けるという点でも極めて秀逸だ。戦闘の神をテーマにした「火星」からは軍靴の不気味な足音が聴こえてくるし、翼のある使者をテーマにした「水星」は本当に軽やかに天使がさまざまなところを飛び回っているような描写がされている。

 そしてここでは、最後に演奏される「海王星」に注目したい。この曲は、聴いているとむしろ「冥王星」という名前をつけたくなってくる。魂を鎮める音楽とでもいえばいいだろうか。「惑星」の演奏時間は全体で50分ほどだが、この曲にだけ女声合唱がついている。歌詞がなくずっと母音で歌うため、とても歌唱力が必要とも聞く。そしてまさにこの声が、聴く者の魂を天空の彼方にとても静かに連れて行ってくれるのだ。

スクリャービン 交響曲第4番「法悦の詩」


ワレリー・ゲルギエフ指揮
キーロフ管弦楽団


 最後に紹介したいのが、スクリャービンというロシアの作曲家の「法悦の詩」という曲である。普通は交響曲に分類されるため「第4番」となっているが、楽章は一つしかなく、むしろこの標題通り、音楽が紡いだ「詩」として受け止めたほうが自然かもしれない。

 「法悦」という語の響きはいかにも宗教的で翻訳者の工夫が窺える訳語だが、むしろ英語のタイトル“The Poem of Ecstasy”という言葉を頼りに曲の本質にアプローチするのも悪くない。あえて「エクスタシー」というカタカナにしてみよう。そこに性的な絶頂感をイメージするかどうかはともかくとして、作曲家は、人間が持ちうる最大の喜びの感情で心を満たすことを意図していることに思いが及ぶ。静かに始まり、だんだんと感情は高ぶりを見せる。そのリード役は、トランペットである。

 スクリャービンは欧州で広がっていた神智学の世界に深く入り込んでいたという。音楽を通して、神の世界を表現したのがこの曲。音の渦の中に身を置き、ぜひ「エクスタシー」を感じてほしい。

筆者:小川 敦生