次期フラッグシップスマホ「HUAWEI P20」シリーズの画像がリーク!

さまざまな製品のリーク情報を提供しているEvan Blass氏( @evleaks )は7日(現地時間)、Huawei Technologies(以下、ファーウェイ)の次期フラッグシップスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P20」および「HUAWEI P20 Pro」、「HUAWEI P20 lite」のプレスリリース用画像をリークしています。

ファーウェイではすでに公式にフランス・パリにて2018年3月27日(火)にプレスイベントを開催することを明らかにしており、HUAWEI P20やHUAWEI P20 Proを発表するとしています。なお、イベントの模様はライブ中継も実施される予定。

公式発表のティザー画像ではキャッチコピー「SEE M◯◯◯RE WITH AI」と示されており、このうちの「◯◯◯」部分がレンズが3つあるトリプルレンズカメラを示していると思われ、今回、公開された画像でも背面に3つのカメラが搭載されている機種があることがわかります。


上からHUAWEI P20、HUAWEI P20 lite、HUAWEI P20 Pro


HUAWEI P20およびHUAWEI P20 Proは昨年前半のフラッグシップスマホ「HUAWEI P10」および「HUAWEI P10 Plus」の後継機種で、これまで通りにレンズメーカーのLeica(ライカ)と共同で開発したカメラ機能を搭載しており、レンズはLeicaレンズを採用しています。

また新たにiPhone Xのような画面上部中央に切り欠き(いわゆる「ノッチ」)があり、縦長画面による“ほぼ全画面デザイン”を採用しつつ、HUAWEI P10シリーズと同様に指紋センサーは画面下中央にホームキーを兼ねたハードウェアキーとして搭載されています。

背面にはHUAWEI P20がデュアルレンズカメラ、HUAWEI P20 Proがトリプルレンズカメラとなっており、昨年後半のプレミアムスマホ「HUAWEI Mate 10」や「HUAWEI Mate 10 Pro」と同様にAI(人工知能)処理に特化した「NPU(Neural Network Processing Unit)」内蔵チップセット(SoC)「Kirin 970」によってカメラ機能もAIでより美しく撮影できるようになっていると見られます。

一方のHUAWEI P20 liteは従来通り、ファーウェイの“lite”シリーズで昨年の「HUAWEI P10 lite」の後継機種となり、HUAWEI P20の主要要素を取り込んだ廉価モデルで、同様にノッチのあるアスペクト比9:19の縦長画面によるほぼ全画面デザインを採用しつつ、指紋センサーはHUAWEI P20とは異なって背面に搭載されています。

またレンズや写真・動画撮影などのチューニングはLeicaとの協業ではなく、ファーウェイ独自のものとなっており、背面にはHUAWEI P20やHUAWEI P20 Proには「LEICA」ロゴがありますが、HUAWEI P20 liteには「DUAL LENS」ロゴとなっています。

主な仕様は約5.84インチFHD+(1080×2160ドット)液晶や約1600万画素+約200万画素デュアルリアカメラ、約2400万画素フロントカメラ、2900mAhバッテリーなど。内蔵メモリー(RAM)や内蔵ストレージは複数モデルが用意されていると見られていますが、最大で4GB RAMや64GBストレージだと噂されています。

リークされたプレス用と見られる画像では各機種ともに黒系の色があるほか、HUAWEI P20とHUAWEI P20 Proには濃い青、HUAWEI P20 liteにはファーウェイらしい明るいサファイアブルーのような青がある模様。またHUAWEI P20 Proには背面が均一ではなく紫から青にまたがっているようなものも公開されています。

さらに価格帯についてもHUAWEI P20が679ユーロ(約89,000円)、HUAWEI P20 Proが899ユーロ(約117,000円)、HUAWEI P20 liteが369ユーロ(約48,000円)とされており、これまでのHUAWEI P10やHUAWEI P10 Plus、HUAWEI P10 liteよりもそれぞれ高くなりそうです。



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・HUAWEI P20シリーズ 関連記事一覧 - S-MAX