「東京は所詮、田舎者の集まりだ」

時に揶揄するように言われるこの言葉。

たしかに東京の中心部には、様々な「田舎」や「地元」を持つ者があふれている。

遠く離れた地方出身者はもちろん、東京出身者でさえ「地元」への想いを抱えている。

あなたにとっての、「地元」とは?

これまでに、横浜出身の商社マン・亮太や博多出身の優子、千葉出身の百合や北海道出身の理子を見てきた。今週は?




【今週の地元愛をさけぶ男】

名前:大輔
年齢:29歳
職業:メガバンク勤務
年収:560万
出身地:埼玉県
現在の居住地:恵比寿


“エリートサラリーマン”が埼玉県民の人生の正解?


濃紺のスーツに細身のネクタイ。色白でキリッとした顔立ちからは、品格が伺える。

メガバンクに勤務しており、その風貌と職業が驚くほどマッチしている大輔。

「生まれも育ちもずっと埼玉。埼玉県というより、浦和出身と言った方が自分的にはしっくりきますね。」

埼玉県内にも様々なヒエラルキーが存在しているらしく、浦和出身者はその中でも自分たちが一番と思っており、プライドが高い。

「埼玉県とは言え、上の方に行くとかなり田舎ですし。浦和はちょっと独特の文化があるかもしれません。排他的というか、その中で全てが完結している感じがします。」

千葉県と同じく、東京のベッドタウンとして発達してきた印象を受ける埼玉県。しかし、彼らの胸の内は少し異なるようだ。

「千葉県とは、違いますよ(笑) 」

千葉県と一緒にするなとでも言うように笑う大輔。たしかに、彼の話を聞いているうちに千葉県とは全く異なる県民性が見えてきた。


エリートでなければ人でない?学歴至上主義な文化とは


エリートサラリーマン家庭の多い埼玉県


埼玉県はご存知の通り東京からも近く、東京への通勤・通学可能圏内である。

大輔の友人も未だに浦和におり、京浜東北線や湘南新宿ラインを利用して東京へ出勤している人も多いそうだ。

「満員電車に揺られながら、毎日東京へ出勤する父親の背中を見て育った人が多いので。時間をかけて東京へ通勤・通学することに対して、何の疑問も感じないですね。」

特に浦和は、都内に本社を構える大企業に勤務する父親を持つ、“エリートサラリーマン家庭”で育ってきた人が多いと言う。

「東京だと少し暮らしづらいけれど、埼玉に来れば一戸建ても広いマンションも買える。あと、子供の教育には最高の環境が整っているので必然的に、年収1,000万前後のサラリーマン家庭が多いのかもしれません。」

そして浦和には、浦和高校や、浦和第一女子高校、私学だと進学校として名高い浦和明の星など、数々の有名校が存在する。

それらの学校が表しているように、埼玉県民(特に浦和市民)はとにかく“学歴至上主義”だそうだ。

「別名・学級都市とも言われているくらいですからね。学校でも、モテるのは頭の良い奴でした。」

中学生くらいの時、多少悪い男がモテる時期があったりもするが、浦和市民においてはそんな考えは全くない。

「そういう人たちは、どちらかというと東京の赤羽の方にいるのかも...」

浦和は、あくまでも品のあるエリート至上主義都市である。




とにかく知性を感じられる女性が好き


前述の通り、頭の良さで人生が決まると言っても過言ではない浦和市民。

現在は国内のメガバンクに勤務し、真っ当な人生のレールに乗って生きているように見受けられる大輔。

好きな女性のタイプにも、彼らしさが見え隠れする。

「華やかな女性が好きですが、話してバカっぽかったら即アウト。面と向かって女性には言えませんが、最低でも四大を出ている人でないと、お付き合いは難しいですね...」

しかし、相手が専業主婦希望でも構わない。

「母親が専業主婦だったということが大きいかもしれません。地元の友人の母親も家にいるイメージがある。結婚相手が働きたいなら働けばいいし、家庭に入りたいなら入ってもらうのは大歓迎。そこは女性の意思を尊重します。」

サラリーマン家庭が多く、古典的な家庭で育った人が多い埼玉県民。

親の影響か、仮に派手に遊んでいたとしても、最終的には落ち着く所に落ち着く傾向にある。

そして女性に関しては、浦和に居続けることが多いという。

「仮に浦和一女を卒業したら、浦和にいる限り一生そのブランドで生きていける。東京に出てきて浦和一女と言っても“ふ〜ん”くらいで終わってしまうので。」

あくまでも、手堅い幸せを掴む。
それが埼玉県民である。


再燃!千葉vs埼玉問題。結局どちらが上なのか?


千葉県だったら、僕らの方が上。


千葉県の時にも取り上げたが、埼玉県民も、やはり千葉と対決となると一丸となるそうだ。

「普段は埼玉愛が強くはないのですが。千葉県vs埼玉県となると、妙に結託しますね。論じるまでもなく、埼玉の方が良いに決まっておりますが。」

ディズニーランドはないものの、スタジアムを赤一色に染める熱狂的ファンで有名な浦和レッズが埼玉にはある。それに学歴も埼玉の方が上だという自負もある。

「なんと言っても、子供達の教育レベルが違います。収入に対する割合で見ると、一世帯あたりの子供にかける教育費も高いですし。」

それまで物静かに淡々と話していた大輔が、急に熱気を帯びた一瞬だった。

他県民からすると、特徴が掴みにくい埼玉県。しかし彼らの中では、学歴が特筆すべき武器となっているようである。

そんな大輔に、気になるあの言葉をぶつけてみた。

「ダサイタマ?そう言われますよね(笑)たしかに、ずば抜けてお洒落かと言われたらそうでもないし、特徴は何もないかもしれませんが...ただその言葉は、埼玉県民からすると自虐ネタになっていますよ 。」

男性は温厚な人が多いと言われる埼玉県民。男性の反応は薄いが、一方の女性はこの言葉を言われるとムッとする女性もいるらしく、発言には気をつけたい。




東京は庭。だから特に深い思い入れはない


学生時代から池袋・新宿・渋谷で遊んできた埼玉県民。

埼玉県より池袋の方が思い入れがある人も多いと言われるくらい、東京は身近な場所である。

「東京も埼玉も、分け隔てなく好きな場所です。」

現在恵比寿在住の大輔だが、湘南新宿ラインがあるため実家にも帰りやすく、今でも頻繁に地元に帰るそうだ。

「浦和は家庭を持った時に住むには良い街だと思います。駅前に伊勢丹があるんですが、幸せそうな主婦の方々で溢れていますよ。」

最後に、大輔の今後の展望を聞いてみた。

「可愛い奥さんをもらい、今の会社で順調に出世して、幸せな家庭を築けたらいいなと思います。」

男は黙って、仕事をコツコツと頑張る。

埼玉県民が父親の背中から学んできた教訓通り、淡々と、今日も大輔は東京で仕事に勤しんでいる。

▶NEXT:3月16日 金曜更新予定
話題の新店は必ずチェック。名古屋嬢のミーハー魂