解剖の結果、貴重な「卵殻」を発見

写真拡大

 房総は春。花があり、イチゴがあり、魚介あり。のどかなイメージのある房総だが、実は「深海」があることをご存知だろか。

 2017年5月22日、メガマウスザメが房総半島の南に位置する館山市洲崎沖の定置網に迷入した。翌朝死亡したが体長約5.4メートル、体重1.2トンの大型のメスの個体で、世界では111例、日本では22例目の世界的にも非常に珍しいサメだ。

 鴨川シーワールドではその貴重性を考え引取り、冷凍保存していたが、2月24日(土)に、北海道大学 仲谷一宏 名誉教授を招き、沖縄美ら海水族館と大阪・海遊館の解剖経験者の協力のもと、小・中学生会員を対象にメガマウスザメの特別レクチャーおよび公開解剖を実施。参加者の子どもたちは、初めて目にする巨大なプロポーションと特徴的な大きな口に、驚きの声が上がっていた。

 また、今回解剖の結果、「卵殻」を発見した。世界初の例と考えられ、今後引き続き調査を進めていく考え。また鴨川シーワールドでは、採取した骨を使い標本の制作に挑戦するという。成功すれば世界初のメガマウスザメの全身骨格標本になる予定だ。