加藤綾子

写真拡大

 7日、フリーアナウンサーの加藤綾子が、都内で行われた平成30年度「NHK語学番組」の会見に出席した。加藤は来月5日からスタートする「世界へ発信!SNS英語術」(NHK)で、司会を担当することが発表された。

 番組は、TwitterやFacebookといったSNS上において、「もし英語で、話題のトピックスについて発信できたら、世界中とお友達になれるかも!?」というニーズに応えるもの。SNS系メディアで活躍する専門家や芸能人とともに、気になるトレンドや社会現象を取り上げていく。

 会見で加藤は、英語を「ずっと学びたかった」とコメント。英語については「全然しゃべれるレベルではない」と語り、いよいよ頑張らなければならないと意欲を見せている。

 加藤にとって同番組は、初のNHKでのレギュラー番組司会となる。単発ではこれまで、昨年7月放送の「今夜はとことん!ピアノと日本人」と、今年1月に放送された「ぐるっと赤道3時間スペシャル」(ともにBSプレミアム)で2度司会を務めてきた。

 「加藤は、自身のレギュラー番組『スポーツLIFE HERO’S』(フジテレビ系)が3月25日放送分で終了します。4月からのレギュラーは、『ホンマでっか!?TV』(同)のみになってしまうと言われていたので、まさに渡りに船でしょう。」(芸能記者)

 かつては、キー局の人気女子アナとしての地位を確立した加藤。しかし、現状のレギュラー番組の少なさなどから、フリーでの活動は苦戦しているのではという声も囁かれている。

 「女子アナはフリー転向後、1年間他局に出演しないという暗黙の了解があると言われています。加藤も律儀にそれを守り、昨年4月にようやく他局に初出演しました。しかし、その後もフジの番組を優先させていたため、それが小さくおさまりすぎてしまった原因だと言われています。」(同・記者)

 加藤はフリー後に出演した番組で、転身の理由を「自由に仕事の量を調節できること」と答えている。かつて、朝の情報番組のレギュラーをはじめ、多忙を極めていた立場からすると、「露出減」といわれる現在の状態がベストなのかもしれない。