日経平均株価の上昇や下落 考えるための計算に使う3つの数字

ざっくり言うと

  • 日経平均株価を計算する際は「61.8%、50%、38.2%」の3つの数字を使う
  • 高値を2万4129円、安値を2万950円と仮定すると、下げ幅は3179円
  • 下げ幅に3つの数字をそれぞれ掛け、安値を足すと上昇の目安が計算できる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング