豪で看護師の男性が九死に一生 心臓発作を起こし自身で応急処置

ざっくり言うと

  • 豪の診療所に勤務する看護師の男性が、自らの応急処置で一命を取り留めた
  • 心臓発作が起きるも、両腕の静脈路を確保してアスピリンなどを自分で投与
  • 隣の診療所とも150キロ以上離れており、救命できる人は1人もいなかったそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング