性格的に頑固な人は、一緒にいて心強い面もありますが、なかなかとっつきにくいですよね。どうやってコミュニケーションを取ればいいのか、悩んでいる人も少なくないかもしれません。あなたの周りには、そんな頑なな性格の人はいますか?


出典:NOSH

そこで今回は、“頑固な人が持っている相”についてご紹介いたします。

 

■1:生命線の近くにしっかりとした運命線が刻まれている…自信家でかなり頑固者の相

生命線が手のひらの真ん中あたりで終わっていて、その近くに運命線がしっかりと刻まれている手相は、運命線が生命線を強化している相。この手相の持ち主は、頑固で自信家な性格だと言えます。なかなか意思を曲げないため、上手くいけばビジネスで能力を発揮できますが、その反面、敵を作りやすい一面も。時には引くことを覚えないと、孤立してしまう可能性もあるので注意しましょう。

 

■2:運命線が手首から中指のつけ根に一直線に伸びる…我が強いワンマン相

手首を起点とした運命線が、中指のつけ根まで一直線に伸びる手相を、俗に“天下筋”と言います。この手相の持ち主は運も我も強く、特に薬指下に“太陽線”が出ている場合は、目標を強引に達成しようとするワンマンタイプ。一方で“太陽線”がない場合は、努力家ではあるものの、自分勝手さや気の強さが災いして敵を作ってしまうかもしれません。慢心しないように、気を引き締めて物事に臨むようにしましょう。

 

■3:知能線が中指の下で終わる線の先から「月丘」へ向かう…優秀だけど頑なな相

知能線が中指の下で一度折れて、その少し先に、折れたような形の知能線が小指下部の“月丘”に向かって伸びていく相は、頭の回転が速く優秀であることを意味します。学問や芸術面にも優れ、高い企画力も備えており、とても優秀な人が多いのですが、頑なな性格で他人を見下す傾向が。理屈っぽく人情味に欠けるところがあるため、周囲の人から敬遠されることも。もう少し謙虚な心をもって人と接するようにしましょう。

 

■4:生命線を起点に「努力線」が中指に向かう…意思が強く一歩も譲らない相

生命線から出る支線は下に向かうことが多いのですが、まれに上に向かう線があります。その中でも特に、生命線の途中から中指に向かってはっきり伸びている線は“努力線”と言われるもの。“努力線”の持ち主は、困難に負けない強い意志を持つ努力家で、常に目標に向かって突き進むでしょう。しかし、一歩も引かない意思の強さから、“頑固者”だと捉えられることも少なくありません。ですが、必ず結果を出せる“一途な人”が多いです。

 

“頑固”と聞くと、あまりいいイメージがないかもしれません。そこで、“一途で粘り強い性格だ”と考えてみてはどうでしょう。そう考えると、苦手に感じている相手とも、何とかやっていくことができるはず。他人を変えることは難しいですが、自分自身の考え方を変えることは可能です。頑固な相手にも、きっといいところがありますからね。(脇田尚揮/ライター)

【関連記事】


(c)NOSH

【手相占い】「腹黒い人」に現れる相

エロすぎっ!男が「ついつい目をやってしまう」女子のボディパーツ

2位はB型女子×O型男子!「仲良しカップル」になる血液型相性ランキング