みんなが大好きなお肉。覆面調査員も多分にもれず、肉好きのメンバーが多数。そのなかからジャンルを問わず、お気に入りの料理、店をズラッとご紹介。肉料理とハンバーグに分けてお届けします。今回はハンバーグの三ツ星店です!

【ハンバーグ★★★】UCHOUTEN(最寄駅:東池袋駅)

編集・武内慎司イチオシ!
「仕事を忘れてがっついた唯一の絶品ハンバーグ!」

『UCHOUTEN』の黒毛和牛のハンバーグ 1280円

食雑誌に携わって10数年。取材時に「まかないのご飯ください」とお願いしたのは、東池袋のUCHOUTENのハンバーグのみ。仕事を忘れてとにかくもっと美味しく食べたくなったのだ。黒毛和牛のA5ランクのモモ肉、スネ肉と林SPFポークの合挽き肉で作るハンバーグは、ステーキをイメージしており、ガシッとした歯応えがあり、肉の旨みたっぷり。黒毛和牛のテールを加えて仕上げるデミグラスの酸味、コクと相まって、「すげぇ旨いッ!」。これに尽きる。

【ハンバーグ★★★】ハンバーグ ウィル(最寄駅:新宿御苑前駅)

ライター・松田有美イチオシ!
「チーズ入りパテにソースと温泉卵が絡み、ああ幸せ!」

『ハンバーグ ウィル』の(昼)ハンバーグ モッツァレラチーズ(クリームマスタードソース) 1200円

ここの魅力は岩中豚を100%使用したパテの旨さ。肩ロースやハラミなど挽き方の異なる4種類の部位を巧みに合わせ、力強い味わいを実現している。モッツァレラチーズを入れてこんがり焼き、生クリームベースの酸味がおだやかなクリームマスタードソースをかけ、地養鶏温泉卵をトッピング。想像してみてください。挽き肉にチーズに生クリーム、そして温泉卵!コッテリクリーム好きにはたまらない最強の組み合わせなんです!!

【ハンバーグ★★★】ル・ヴァン ドゥ(最寄駅:銀座駅)

ライター・肥田木奈々イチオシ!
「ひと味違う絶品ハンバーグ3種の肉のバランスがお見事!」

『ル・ヴァン ドゥ』の牛・鴨・豚のハンバーグ 赤ワインデミグラスソース ポーチドエッグ添え 1000円(昼限定20食)

何がいいって、美しい楕円形の肉にポーチドエッグを添えたこのビジュアル。頬張れば牛・鴨・豚の3種を使ったパンチのある旨さに悶絶!そんな絶品ハンバーグをランチ限定で味わえるのが銀座のビストロ『ル・ヴァンドゥ』だ。程よい野性味は鴨肉を全体の4割ほど配合しているから。それに赤ワインと牛スジのダシで仕込んだデミグラスソースが絶妙に寄り添い、唯一無二の味なのだ。夜は迫力満点のステーキやジビエ料理をぜひ。

【ハンバーグ★★★】だるまや(ハンバーグ/西新宿)

ライター・菜々山いく子イチオシ!
「ナイアガラの肉汁とバター醤油のコンビにKO!」

『だるまや』のラムハンバーグ 2000円

肩が触れ合うような狭いカウンター席に、煙がモウモウと立ちこめる店内。この店を訪れる理由はただひとつ、絶品のラムを味わい尽くすためだ。豪州産のなかでも特に上質で柔らかくクセのないラム肉を、まずは定番のジンギスカンで堪能したら、お次は店で挽いた新鮮なミンチ肉で作るハンバーグをぜひ注文したい。強力なバーナーの火で炙るように焼き上げれば、みるみるうちにボールのように膨らんで、肉汁が滝のごとくあふれ出す。