【ソウル聯合ニュース】シンガポールを訪問している韓国外交部の康京和(カン・ギョンファ)長官は8日、同国のビビアン・バラクリシュナン外相と会談し、朝鮮半島問題や韓国政府の新南方政策、両国間の協力拡大などについて意見を交換した。

 外交部によると、康氏は会談で、韓国政府が確固たる非核化の原則に基づき北朝鮮を対話の場に引き出すための外交的努力を傾けた結果、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の北朝鮮への特使団派遣を通じ南北が有意義な合意に達したと説明した。

 その上で、政府の努力が朝鮮半島非核化と平和定着につながるようシンガポール政府に対し支持を要請した。

 バラクリシュナン氏は、特使団の訪朝を機に南北関係改善に向けた転機が訪れたことを歓迎し、朝鮮半島の非核化と平和定着に向けた韓国の努力を支持すると述べた。

 康氏は、包括的な分野で東南アジア諸国連合(ASEAN)との関係を引き上げるため新南方政策を積極的に推進していると説明しながら、同政策への協力も要請した。

 両氏は航空自由化、自由貿易協定(FTA)、MRO(航空機メンテナンス、修理、分解点検)などの分野での実質的な協力拡大に向け緊密に協力することでも一致した。