画像提供:マイナビニュース

写真拡大

シャープは3月8日、液晶テレビ「AQUOS 4K」のフラッグシップとなる「AU1」ラインを発表した。ラインナップは、70V型の「4T-C70AU1」のみ。発売は3月24日。価格はオープンで、推定市場価格は55万円前後(税別)。

4T-C70AU1は、画面解像度が4K(3,840×2,160ドット)の70V型液晶テレビ。HDRにも対応している。エンジンには「AQUOS 4K Smart Engine」を搭載。地上デジタル放送やDVD、ブルーレイディスクの映像などを、4K解像度の液晶パネルに最適な映像に変換する。

シャープ独自の広色域技術「リッチカラーテクノロジープロ」により、地上デジタル放送の色域(ITU-R BT.709)を超える色域再生を実現。直下型LEDバックライトのエリア駆動システムと、独自の信号処理技術により、高コントラストな映像を楽しめる。インターネットなどで配信されている、4K動画のHDR映像入力にも対応。

毎秒60コマの映像を分析し、前後の映像を補完する形でコマ数を120コマに増やす「倍速液晶技術」も採用。素早い動きも、残像感が少ない。加えて、毎秒120コマの映像に、LEDバックライトの点滅を連動させることで、よりくっきりはっきりした映像表示を可能としている。

スピーカーシステムとして、オンキヨーの技術を取り入れた「AROUND SPEAKER SYSTEM」を採用した。画面両脇の独立型スピーカーボックスには、2つのミッドレンジスピーカーで挟み込むようにドーム型ツイーターを配置。本体背面にある低振動ウーハーと合わさり、画面を包み込むように広範囲に音が広がってゆく。

人工知能(AI)の「ココロビジョン」を搭載しており、家族の視聴傾向を学習しておすすめの番組を教えてくれる。無線LAN機能を備え、Android TVに対応。インターネットに接続することで、YouTubeやAmazonプライム・ビデオなどを視聴可能だ。

地上/BS/110度CSデジタルチューナー×3を内蔵。インタフェースは、HDMI入力×4、AV入力×1、デジタル音声出力×1、アナログ音声出力×1、ヘッドホン出力×1(アナログ音声出力と兼用)、ミニD-Sub×1、USB×1、有線LAN×1。本体サイズはW169.1×37.5×97.0cm、重量は約45kg。