画像提供:マイナビニュース

写真拡大

BoCoは3月8日、骨伝動技術を利用したBluetoothスピーカー「docodemoSPEAKER」を発表した。同日から、東京の銀座boco storeにて先行販売を実施している。一般販売は3月中旬からで、価格は19,880円前後(税別)。

docodemoSPEAKERは、特許取得技術による骨伝動デバイスを内蔵したBluetoothスピーカー。スマホとBluetoothで接続し、音楽をスマホで再生すると、内部の骨伝動デバイスが振動する。振動はスピーカーを置いた机や床などに伝わり、机や床自体がスピーカーのように音を出す仕組み。100Wクラスのホームオーディオのような、重低音サウンドを楽しめるという。3.5mmステレオミニジャックも備え、有線接続にも対応する。

本体サイズは直径77mm×高さ54mm、重量は360g。生活防水性能を備えている。リチウムイオンバッテリーを内蔵しており、連続使用可能時間は約7時間。Bluetoothのバージョンは4.1。