小澤征爾氏が大動脈弁狭窄症で入院 歌劇指揮を降板、治療に専念へ

ざっくり言うと

  • 8日、小澤征爾氏が大動脈弁狭窄症との診断を受け入院することが分かった
  • 指揮する予定だった、歌劇「子どもと魔法」などを降板すると発表
  • 精密検査と治療のため約1カ月にわたり入院し、治療に専念することとなった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング