北朝鮮は韓国のテコンドー演武団と芸術団の平壌訪問を招請した(イメージ)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の当局者は8日、テコンドー演武団と芸術団の北朝鮮・平壌訪問と関連し「関係官庁で協議が進んでいる」と記者団に述べた。韓国としての方針を固めた上で北朝鮮と協議すると説明した。

 北朝鮮は5〜6日に訪朝した文在寅(ムン・ジェイン)大統領の特使に対し、韓国のテコンドー演武団と芸術団の平壌訪問を招請した。

 当局者は、演武団と芸術団の平壌公演が4月末の開催で合意した南北首脳会談の前になるのか、後になるのかについても「関係官庁で協議中と承知している」と述べた。

 一方、操業を中断している南北経済協力事業の開城工業団地に工場を構える韓国企業の関係者が、設備点検などのため12日の団地訪問を申請したことと関連し、この当局者は「南北関係の状況などを総合的に検討し、来週ごろ決定する」と述べた。この発言を踏まえると、12日の訪朝は難しいとみられる。