3月6日、韓国からの特使との会談に臨む金正恩・朝鮮労働党委員長(写真:KCNA/via Reuters)

著者の五味洋治氏が20年以上の朝鮮半島取材を通じて、北朝鮮の指導者・金正恩の実像を描いた『金正恩 狂気と孤独の独裁者のすべて』。この本のなかで、五味氏は「父・正日はソ連・ハバロフスク生まれ、母・高容姫は大阪生まれの在日コリアンだった」という金正恩のルーツを独自取材から鋭く掘り下げる。
韓国と北朝鮮が11年ぶりの南北首脳会談の開催に合意したというニュースは世界を駆け巡ったが、その会談のもう一人の主役となる韓国大統領・文在寅のルーツも自国にはない。彼の両親は北朝鮮からの避難民であり、その半生は、まさに貧しさと挫折との闘いだった。
2人は、いわば自分の国の外にルーツを持っているといえる。この特異な指導者たちは、朝鮮半島をどのように変えようとしているのだろうか。
=敬称略=

3月5、6日に平壌を訪問した韓国の大統領使節団が、4月下旬に軍事境界ラインの板門店で行われる、史上3回目の南北首脳会談開催に電撃的に合意した。

今年1月、北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長が、韓国との関係改善を呼びかけてから、朝鮮半島情勢は対決から対話ムードにがらりと変わり、2カ月ほどで「満足する合意」に至ったことになる。

文在寅の両親は北朝鮮からの避難民

核・ミサイル開発で米国を手玉に取る34歳の金正恩、韓国社会を市民中心につくり変え北朝鮮との関係改善を掲げる64歳の文在寅・韓国大統領。


文在寅・韓国大統領の半生は、貧しさと挫折との闘いだった(写真:REUTERS/Kim Hong-Ji)

倍ほどの年齢差がある2人のそもそものルーツは、自分の国にはない。だからこそ、自分の国にこだわり、首脳会談を実現させ、ひいては南北の統一という歴史に残る仕事に取り組もうとしているのかもしれない。

2人の生い立ちは対照的だが、目指すものは絶妙な一致点を見いだす。

「土のスプーン」をくわえて生まれてきたと表現される文在寅の半生は、まさに貧しさと挫折との闘いだった。

両親は北朝鮮からの避難民だ。1950年6月25日未明、北朝鮮の南侵で始まった朝鮮戦争は、北朝鮮軍が序盤を圧倒した。

しかし、米軍を中心とする国連軍と韓国軍が戦況を逆転し、中朝国境付近まで兵を進める。そこで100万人以上の中国人民義勇軍が国境の川・鴨緑江を渡って参戦し、形勢が再び逆転。米国を中心とする国連軍と韓国軍は、南への後退を余儀なくされた。 

北朝鮮からの避難民たちも、軍人のあとを追うように、持ち出せる精一杯の荷物を抱えて、南を目指す。日本海に面した北朝鮮南部の興南の埠頭には、戦火を逃れた10万人以上の避難民が押し寄せ、韓国に逃げる救援船を待った。

1950年12月20日、港に停泊していた米国の艦船が武器を積み込み、港を離れる準備をしていた。「避難民を助けて欲しい」との韓国軍の懸命の要請を受けて米軍は方針を変更、すでに積載していた武器を下ろして、避難民を船に招き入れた。

血縁のいない見ず知らずの土地

その中に、米国の貨物船『メロディス・ビクトリー号』の姿もあった。定員1000人あまりのこの船に、約1万4000人もの避難民が乗り込んだ。ひと組の若い夫婦が、大勢の避難民にもみくちゃにされながら船に潜り込む。それが、文在寅の両親だった。

船は韓国の南部の島、巨済島にたどり着いた。ここにあった難民キャンプで、夫婦は暮らした。血縁のいない見ず知らずの土地だ。

1953年にこの島で2人の長男として生まれた文在寅は、その後家族とともに大都市・釜山に引っ越すが、貧しい生活は変わらない。

暖房用の煉炭配達をする母を手伝ってリヤカーを引っ張る日々。リヤカーが斜面から落ちて、文在寅は危うく大けがをしそうになったこともある。

その後、浪人生活を経て、全額奨学金のあるソウルの大学に入学。しかし民主化を求めるデモに参加したことで投獄され、大学は除籍。のちに軍隊に強制徴集される。

父の死を機に猛勉強を開始、司法試験に挑戦し、一次試験をパスした。またしても民主化デモに参加して逮捕され、二次試験は警察の留置場で受けたというエピソードもある。

司法研修所は優秀な成績で卒業した。しかしデモ参加の経歴がたたり、目標としていた判事にはついになれなかった。

1982年、犖龍伸甞山で弁護士の道に入り、後に大統領となる盧武鉉と知り合ったことが政治に入るきっかけとなった。

2013年の大統領選では、故・朴正熙大統領の長女である朴槿恵氏に敗れたが、野党のリーダーとして力を付け、昨年の大統領選で遂に第19代大統領になった。

そんなたたき上げのイメージの強い文在寅と対照的なのは、金ファミリーの三代目指導者である金正恩だ。

正恩の母・高容姫は在日コリアン

間違いなく「金のスプーン」をくわえ、将来を約束されて生まれてきた。しかし金正恩も意外にもルーツは外国にある。


3月6日、特使を出迎える金正恩・朝鮮労働党委員長(写真:KCNA/via Reuters)

父は金ファミリーの二代目を継いだ金正日・総書記。金正日は、第二次大戦中に金日成が活動していたソ連・ハバロフスクで生まれている。そして、正恩の母・高容姫は大阪生まれの在日コリアンだ。11歳まで地元・大阪の小学校に通っている。

高容姫は、「地上の楽園」という宣伝で、多くの在日コリアンが北朝鮮に渡る「帰国事業」に参加。ロシア製の船に両親や家族とともに乗りこみ、北朝鮮にたどり着いた。

そしてそんなソ連出身の父と日本出身の母の次男として1984年に(83年説もある)生まれたのが正恩だった。

その後、金正恩はスイスに留学し、首都ベルン近郊の公立中学校に通った。

語学や理科が苦手で成績はぱっとせず、スイスの美しい町並みや整備された公共施設を見て「西洋へのコンプレックスを抱いていた」と伝えられる。

帰国してから平壌の大学で学び、父の死(2011年12月)に伴って三代目の指導者となった。

南北を緩やかな連邦制にして結ぶことも視野?

一国を背負った金正恩は核・ミサイル開発に惜しみなく人とカネをつぎ込み、米国を右往左往させる水準にまで引きあげる。経済面でも、チャンマダンと呼ばれる在来市場の広がりを黙認し、企業や農家に自主性をもたらす改革も行っている。


経済規模では40倍以上の差を付けられている韓国に対して、核・ミサイルで圧倒的な優位に立ち、トランプ政権と軍事衝突に陥りかねないようなギリギリの挑発を行ってきた。これは父、正日もできなかったことだ。

文在寅は、保守的な韓国社会に抵抗し、つねに変革の方法を模索してきた。

金正恩も、古く、遅れた北朝鮮の体制を、国際的に認知される国に変えようと試みてきた。

ともに外国にルーツを持ち、独自の考え方で歩んできた指導者の数奇な運命が重なり、その目論見が現実のものとなりつつある。

南北を近づけ、民族の誇りを取り戻そうとする二人は、4月末の首脳会談で何を話し、どんな合意を行うのだろうか。分断を乗り越え、南北を緩やかな連邦制にして結ぶことも視野に入れているのかもしれない。想像を超える変化が朝鮮半島に押し寄せる可能性がある。