資金決済法違反の疑いやセキュリティ面の不備で、公開から6時間でサービス停止となった投銭サービス「Osushi」が昨日復活しました。これまでのような個人間での現金やり取りは廃止され、様々な商品を贈れるシステムに変わっています。

手軽に寄付ができるサービス

「Osushi」はウォンタが運営する投銭(寄付)を目的としたサービスです。
 
寄付というと様々な手続が必要なイメージですが、Osushiの使い方はとても簡単です。
 

 
利用者は1貫100円の仮想お寿司を購入して、支援したい人に贈ります。サービス開始当初は、お寿司を受け取った側は現金として還元できたのですが、これは資金決済法の疑いがあるとして廃止、再リリース後はお寿司といろいろな商品が交換できるサービスに変わっています。
 

 
たとえば、商品交換の一例として「きゅうり醤油漬け」「帆立貝ひも」「生うに」といったなかなか渋い商品が紹介されています。このほかにも「本物のお寿司」や「全国共通すし券」などもあるそうです。
 
決済方法はクレジットカードのみで、Stripeという決済サービスを経由してお寿司を購入します。
 
Osushiを利用する際はTwitterアカウントを連携させる必要があり、支援してもらう側は自分のサイト等にお寿司リンクを貼り、支援を募ります。
 
 
Source:ウォンタ
(kotobaya)

投稿 投銭サービス「Osushi」が復活! 本物のお寿司が贈れるように は iPhone Mania に最初に表示されました。