BoCo株式会社は、3月8日、置いた場所を“どこでも”高音質スピーカーに変えてしまう手のひらサイズのスピーカーユニット「docodemoSPEAKER®」の発売を開始すると発表した。一般販売は3月中の開始が予定されているが、3月8日(木)より、直営店である銀座boco storeにて先行発売を開始する。

同製品は、テーブル・椅子・キッチン・車体などを、「どこでも」「いつでも」「なんでも」パワフルなスピーカーへと変えてしまう手のひらサイズの魔法のユニットだ。骨伝導イヤホンメーカーでもある同社では、骨伝導イヤホン「earsopen®」の開発を通して培った最先端骨伝導技術をスピーカーにおいても活用し、コンパクトでありながら力強い高品質サウンドを実現する。

「docodemoSPEAKER®」のしくみは、内蔵した特許技術による骨伝導デバイスが振動し、置いた対象物を震わせることで、対象物自体が音を放射、スピーカーのようにパワフルに鳴りだすというもの。独自の骨伝導技術が、迫力ある豊かな低音域と美しい高音域の響きを再現し、音量を下げてもフラットなサウンドを維持することができる。

置く対象物の材質や形状によって響きが変化するので、自分だけの音を見つけるというのも新しい楽しみ方だ。先行発売が行なわれる「銀座boco store」店頭では、さまざまな材質の「モノ」を鳴らすデモンストレーションを行っているとのことなので、気になる人はこの機会に試聴してみるとよいだろう。


あらゆるものをスピーカーに変える魔法のユニット
Bluetooth機能内蔵でスマートフォンなどとワイヤレスで通信可能


生活防水仕様で、キッチンなどの水回りでも楽しめる

BoCo株式会社
URL:https://earsopen.jp/sp/
2018/03/08