ファーウェイ・ジャパンは、「HUAWEI Mate 10 lite」「HUAWEI nova lite 2」を対象に、インカメラを利用した顔認証機能と、Mate 10 liteにARレンズ機能を追加する。今後配信されるソフトウェア更新で機能が追加される形で、詳細は3月9日に案内される。

「HUAWEI Mate 10 lite」

「HUAWEI nova lite 2」

 顔認証機能は「nova lite 2」の発表時に予告されていた機能で、ファーウェイでは初めて提供する機能。インカメラでユーザーの顔を撮影して登録することで、画面のロック解除の操作を簡単に行える。

 顔認証を設定した場合、画面が消灯した状態で電源ボタンを押すと顔認証機能が起動し、一瞬で認証が終了する。設定により、顔認証の後にロック画面をスキップしてホーム画面に遷移する「ダイレクトロック解除」のほか、顔認証の後にロック画面を表示する設定も可能。またロック画面の通知の内容について、顔認証の後は詳細に表示する設定も選択できる。

 カメラは既存のインカメラを使い、2Dでの顔認識になる。顔認証の成功率は開示されていないが、ファーウェイ独自のアルゴリズムを採用し、写真を代わりに使う手法や、目を閉じた状態、マスクをした状態などは対策され、認証に成功しないとしている。

 ARレンズ機能は、標準搭載のカメラアプリにて、人物の顔や頭部を認識して動物やハートマークといったエフェクトをリアルタイムに追加できるというもの。メインカメラ、インカメラの両方で利用できる。Tencentのアプリ「Pitu」との共同開発により提供される。また、被写体と背景を認識し、背景を好みの柄やほかの写真に入れ替えることもできる。