「生誕60周年記念 くまのパディントンTM展」が福岡・東京・広島に、絵本の原画や各国ぬいぐるみ展示

写真拡大

「生誕60周年記念 くまのパディントンTM展」が、福岡・東京・広島に巡回する。

福岡は、福岡アジア美術館にて2018年3月10日(土)から4月15日(日)まで、続く東京は、渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムにて4月28日(土)から2018年6月25日(月)まで、広島は、奥田元宋・小由女美術館にて2018年7月6日(金)から8月26日(日)まで開催される。

世界中で愛され続けるパディントン

イギリスを代表する児童文学「パディントン」シリーズは、1958年にマイケル・ボンドの執筆した1冊の本から誕生した。物語の主人公となるのは、南米ペルーから単身でイギリスにやってきた一匹の子グマ。ロンドンのパディントン駅で、心優しいブラウン夫妻に出会った子グマは、「パディントン」と名付けられ、家族として迎えられることに。やがて、パディントンは騒動を起こしながらも、街の人気者になっていく。

ハートフルな物語を綴った「パディントン」シリーズは、世界中で40以上の言語に翻訳・出版が重ねられてきた。アニメや絵本の他にも、近年では映画『パディントン』『パディントン2』が公開されるなど、今なお世界中で愛され続けている。

「生誕60周年記念 くまのパディントンTM展」絵本や漫画の原画を展示

「くまのパディントンTM展」は、そんな「パディントン」シリーズの誕生60周年を記念して開催される。全5章の展示構成で展開される会場では、各作家による絵本や漫画の原画や、世界中で出版された書籍の展示などが行われる。

様々なアーティストによるパディントンの挿絵

中でも注目は、「第3章 世界のパディントン」。1958年の出版以降に、次々と新作を世に送り出した「パディントン」シリーズは、1972年より児童向けの絵本も出版。複数のアーティストによって様々な挿絵が描かれてきた。

第3章では、そんな絵本に使用された挿絵の原画を展示。風刺画のようなユーモラスな絵を描く、デイビッド・マッキーや、水彩画の柔らかなタッチが特徴のフレッド・バンベリーなど、アーティストによって異なる印象に描かれているパディントンを鑑賞することができる。

作者マイケル・ボンドの仕事道具や、世界中のぬいぐるみ展示も

そのほか「第2章 パディントン誕生秘話」では、惜しくも2017年にこの世を去った作者、マイケル・ボンドの仕事道具が公開され、「第4章 パディントン大活躍」では、イギリスの新聞に掲載された、パディントンの漫画の原画や、各国で製作されたぬいぐるみなどが展示される。

また、本展での音声ガイドナビゲーターは、俳優・瀬戸康史が担当。世界中で愛されているパディントンの世界に、来場客を誘う。

【開催概要】
生誕60周年記念 くまのパディントンTM展
■福岡
会期:2018年3月10日(土)〜4月15日(日)※休館日は毎週水曜日
会場:福岡アジア美術館
住所:福岡市博多区下川端町3-1
開館時間:10:00〜20:00(入館は各閉館の30分前まで)
入館料:一般1,200円/高大生1,000円/小中生500円 ※未就学児は無料

■東京
会期:2018年4月28日(土)〜2018年6月25日(月)
※休館日は5月8日(火)・6月5日(火)
会場:Bunkamura ザ・ミュージアム
住所:東京都渋谷区道玄坂2-24-1
開館時間:10:00〜18:00 ※毎週金・土曜日は21:00まで(入館は各閉館の30分前まで)
入館料:一般:1,400円(1,200円)/大学・高校生900円(700円)/中学・小学生600円(400円)/親子券1,500円(1,300円)
※消費税込、( )内は前売/親子券を除く20名以上の団体料金
※親子券は、<一般1名+中学・小学生1名>のセット券
前売販売期間:〜4月27日(金)
音声ガイド:瀬戸康史 ※音声ガイドの貸出は、Bunkamura ザ・ミュージアムのみ
問い合わせTEL:03-5777-8600(ハローダイヤル) ※東京展のみ

■広島
会期:2018年7月6日(金)〜8月26日(日) ※休館日は毎月第2水曜日
会場:奥田元宋・小由女美術館
住所: 広島県三次市東酒屋町453-6
開館時間:9:30〜17:00 (入館は各閉館の30分前まで)


[写真付きで読む]「生誕60周年記念 くまのパディントンTM展」が福岡・東京・広島に、絵本の原画や各国ぬいぐるみ展示

外部サイト

  • スヌーピーミュージアム最後の展覧会「ともだちは、みんな、ここにいる。」最古のピーナッツ原画が再び
  • 「クラフトホリック展」渋谷で開催、10周年を記念した原画展示や初の絵本販売など
  • [おさるのジョージ展「ひとまねこざる」からアニメーションまで]松屋銀座で、原画等約200点が一堂に