画像提供:マイナビニュース

写真拡大

日立システムズは3月8日、建設業や情報サービス業などの中堅・中小企業向けに、建設プロジェクトやシステム開発プロジェクトへの人材配置や人材情報の管理に特化した「人材配置サービス」を同日から提供開始すると発表した。

このサービスは、各プロジェクトに割り当てられた資格やスキルといった技術者ごとの人材情報や作業予定、作業実績などを管理できるシステムを、クラウド基盤を活用し、月額費用で提供するサービス。価格は個別見積もり。

プロジェクトの作業単位に割り当てられた技術者の作業予定と作業実績を、ガントチャートなどを用いて視覚的に管理することができ、各技術者の基本情報(氏名・年齢・職種など)以外に保有資格や過去の業務履歴(経歴)、健康保険の加入情報なども管理できるという。これにより、新たなプロジェクトに着手する場合や、他のプロジェクトで急に欠員が出た場合に、各技術者の空き状況だけでなく、保有資格やスキル、業務量・残業時間なども確認したうえで、各作業現場に適した人材を迅速に配置することができるという。

また、複数のプロジェクトが並行して進む場合、複数のプロジェクトを一覧化した状態で、時間単位のスケジュール割り当てや技術者ごとに抱えている作業量の参照も可能だという。

なお、クラウド基盤には、サイボウズのクラウドサービス「kintone(キントーン)」を活用。システムの監視やバックアップなどの障害対策、不正アクセス防止などのセキュリティ対策についても標準サービスとして提供する。

今後、日立システムズは建設業のほか、情報サービス業やデザイン会社など幅広く拡販し、2020年度末までに累計1,000社への販売を目指していく。