写真=iStock.com/Christopher Ames

写真拡大

選挙に勝つにはどうすればいいか。米国では、ウソやデマであっても、大衆ウケのいいことを繰り返す政治家が優勢になっているという。真実や事実に基づく「理性」に訴えることはムダなのだろうか。カナダの哲学者ジョセフ・ヒースは「単純に理性の力を信じるのではなく、理性的な判断ができるように環境や制度を整える必要がある」と指摘する──。

■安楽死を高齢者に強要!?

まずは、次の文章を読んでほしい。

<オランダでは高齢者は変わったブレスレットをしています。「私を安楽死させるな」と書かれたものです。オランダには安楽死があるけれども、全死亡の10%までを占め、さらに安楽死の半分は高齢の患者に強要されているんです。だから、オランダの高齢者は病院へ行きたがらず、予算の都合で入院した病院から生きて出られないことを恐れ、他国へ行く>

「オランダってそんなディストピアだったのか!」なんて思った人は、情報リテラシー0点と言われても仕方あるまい。なにせ、ここに書かれていることは、オランダで安楽死が合法化されていること以外は、ほとんどすべてウソだからだ。

高齢者がブレスレットをつけているというのもウソ。安楽死が10%を占めているというのもウソ。その後に書かれていることもすべてウソ……。いや、ウソどころか、でっちあげといったほうが適切だろう。

■「ポスト・トゥルース」はとっくに始まっていた

はて、こんなデタラメを言うのはどんな輩か。それがびっくり、2012年大統領共和党予備選挙に出馬し、最後まで首位を争ったリック・サントラム元上院議員なのだ。しかも、選挙戦真っ只中におこなった主張である。

「ポスト・トゥルース」だの「オルタナティブ・ファクト」だのは、何もトランプに始まったことではない。すでに2012年の大統領選でも、トランプに負けず劣らずの「オルタナティブ・ファクト」が製造されていたのだ。

と、エラそうに書いたものの、僕もリアルタイムでこの事例を知っていたわけではない。カナダの哲学者ジョセフ・ヒースの著書『啓蒙思想2.0』で上記の主張が紹介されており、そのトンデモっぷりに驚いたという次第。

■「右か左」ではなく「クレイジーか非クレイジー」

ヒースによれば、もはやアメリカの政治文化は「右か左か」ではなく、「クレイジーか非クレイジーか」に分かれている。しかも、クレイジー派のほうが優勢になっている、という。

<政治家はついに気づいてしまった。ひたすら同じことをくり返していけば、それが真実であろうとなかろうと、大衆は信じるようになるのだ、と。そして民主政治においては、多数者の信じることのほうが事実よりはるかに重要だ。そのため多くの政治家は、真実を語るふりをすることすらやめてしまった>

もはや真実や事実など、どうでもいい。大衆ウケのいいことを繰り返すことが重要だ。こうしたポスト・トゥルース的な態度は、アメリカ民主党よりも、保守派の共和党と親和性が高い、というのがヒースの診断だ。その違いは、保守派が、計画や政策よりも、勘(gut feeling)、直感、感情に訴えかけることを優先している点にある。

保守派が直感や感情に訴えかけているという診断じたいは、前回紹介したジョナサン・ハイトの議論と大きく違っていない。ハイトもまた、直感や感情を「象」に、理性を「乗り手」にたとえて、保守的な共和党のほうが「象」に直接訴えかけていることに成功していると述べていた。

だが、ハイトとヒースでは「理性」に対する評価が大きく異なるのだ。

■理性を軽視してはならない

直観主義者のハイトは、理性の崇拝は「合理主義者の妄想」だと一刀両断し、「真実の追求を是とする人は、理性崇拝をやめるべきだ」とまで言い放っている。しょせん理性は、感情の下僕にすぎない。つまり、理性にいくら働きかけたところで、直感や感情をコントロールすることはできない、というわけだ。

それに対してヒースは、次のように反論している。

<私たちが現在生きている世界は不自然なうえに高度に非直感的なものだ。この社会の三つの主要な制度的特徴――市場、代表制民主主義、人権――は、どれも採用されたときにはまったくクレイジーだと、人間性に絶対に反している(そのため人類史上ほぼずっと拒まれてきた)と思われていた。長期間の根強い論理的思考、議論、実験の過程を経てようやく、これらは試され、成功することが示されたのだ>

ヒースも、感情や直感が理性よりも優位であることは承知している。しかし、だからといって、理性を軽視していいことにはならない。むしろ進化的には優位だった感情や直感に反する理性的な思考を積み重ねることによって、私たちはいまの生活を享受できるようになった。ゆえに「本能の優位を取り戻すように提唱することは、この偉大な達成を取り消そうとする試みだ」と、ハイトを強く批判するのだ。

■象から降りてできることがある

象(=感情・直感)と乗り手(=理性)の関係についても、ヒースは「ハイトが描いた構図には重要なピースが欠けている」と指摘して、次のように述べている。

<象使いには象から飛び降りて、象が進んでいく環境を改めて整えるために、地面の状態を直す能力もある、と考えてみてほしい。そうすると、左に行ってほしければ、象にそっちへ行けと蹴りつけたり怒鳴ったりするよりも、象から飛び降りて象が怖がるもの(ひょっとしたらネズミとか?)を右側に置けばいい。ふたたびその背に乗ったときには、あなたは象をコントロールしている>

強力な感情や直感を直接コントロールすることは難しい。しかし、理性の力で適切な環境や制度をつくりだすことによって、間接的に直感や感情の方向をコントロールすることができる。

さらにこの比喩には、理性に対する新たな見方が示唆されている。すなわち、理性や合理性は個人ではなく、集団や環境のなかでこそ威力を発揮する、という見方だ。

ヒースは理性を無力と考えてはいない。だからハイトのように、左派やリベラルも直感や感情に訴えかけよ、というような処方箋は拒絶する。それでは、右も左も「クレイジー化」に拍車をかける結果しかもたらさないからだ。

では、ヒースが提示するような新しい理性観には、どのような可能性があるだろうか。理性の力は個人ではなく、集団や環境のなかで発揮されるとは、具体的にはどのようなことか。次回は、こうした問題について考えてみたい。

(編集者・ライター 斎藤 哲也 写真=iStock.com)